こんにちは🌞
ダイビングショップアズール梅田店の山本豪です🐵
今回のGO BLOGはダイビングインストラクター目線の内容になるので参考程度にご覧ください!


はじめに

今回紹介するダイビングが上手な人というのはライセンスランクが高いという意味ではないです!
そもそも上手いかどうかはその人の価値観などによって変わってくるものです!
中性浮力が完璧・残圧を残すことが出来るなどダイビングをするうえで大事な部分ではありますが、それだけでダイビングが上手だとはいいきれません。
スキルが完璧な人=ダイビングが上手な人という考えを少し変えてみませんか?


ダイビングが上手な人の特徴



ルール・マナーを守ってダイビングをすることが出来ている人






正直、人としてという部分も大きいのですが、ダイビングという遊びはチームスポーツです!
必ずバディがいる状況でダイビングをするので、【自分だけが楽しもう】という気持ちは持たない方がいいです!
写真が取りたいからインストラクターを追い抜かしたり、生き物を独占したりなどはもってのほかです!
みんなで楽しもうという気持ちがあれば自然と正しいバディダイビングが出来てきますよ😄


安全管理ができている人



インストラクターに補助されながらダイビングをするダイバー


水中では残圧・水深・NDLなど確認しておかないといけないことがたくさんあります!
しかし、少し意識するだけでできないことはないと思います!
また、残圧・水深・NDLなどはほとんどのインストラクターがこまめに確認するように指示を送っているはずです!
ここでの安全管理ができているという人は【油断をしない人】のことを指します!
経験本数が増えてくると「いつもと同じことを言っているから聞かなくてもいいや」・「私は最近潜ったから大丈夫」などでブリーフィングを聞いていないという人もでてきます。
私も正直その節がありました。
しかし、ブリーフィングを聞いていないと些細なミスを犯しがちです、、、
他の人に迷惑をかけない為にもブリーフィングはしっかりと聞いておきましょう!
安全意識が低いともしものことがあった時にやっぱりなという評価になってしまいます😖


ダイビングという遊びを理解している人






GOが一番大事だと思うポイントです!!!
ダイビングという遊びを理解して遊んでいる人は多いようで少ないと思います!
水中で生き物と泳いだり、キレイな海をただよったりなどのイメージはあるとは思います!
しかし、一歩間違えると事故にもつながる遊びだということも理解しておかないといけません。
基本的なルール・マナーを理解し実践できているダイバーさんが【ダイビングが上手な人】であると私は思います😄


まとめ

 潜れるダイバーになるには経験本数を増やせばそれなりに潜れるようになっていきます!
しかし、少し意識するだけで潜れるダイバーからダイビングが上手な人に変わることができます!
これからはバディダイビング・グループダイビングを意識してダイビングを楽しんでいきましょう🌞


☆お友達紹介キャンペーン実施中☆

お友達と一緒に海に行こう!


ご紹介者様には、ファンダイブツアーでご利用いただける10,000ポイントをプレゼント!
お友達も、¥22,000→¥8,250でダイビング用プールで潜る体験コースをお楽しみいただけます☆
ご希望であれば、お友達のプール体験に、無料で一緒に同行も可能(=゚ω゚)ノ