ダイビングを大阪で始めることができるアズールダイブプロジェクト大阪/梅田店

ダイビングライセンスニュース

DIVING LICENSE NEWS

女性ダイバー必見!ダイビング時の日焼け対策・お肌の手入れ

待ちに待ったダイビングツアー、思いっきり遊びたい!けどお肌もキレイに守りたい~!
そんな悩める女性ダイバーさんに、今日はダイビングの時のお肌の手入れ・ケアと日焼け対策についてご紹介(=゚ω゚)ノ
ウェットスーツ姿の女性3名がボートの上で笑っている
最近はお肌をいたわる男性ダイバーさんも増えてますので是非ご覧ください٩( ''ω'' )و


こんにちは、足の甲のサンダル焼けは勲章、黒光りダイバー大庭です。
黒光りしてる時点で説得力に欠けるかもしれませんが、私も30代になり、ようやくダイビングに行った時のお肌の手入れを気にするようになりました。


思い返せば20代の頃は「どーせ日焼けする遊びやし!気にしたら楽しめん!シミが出来たらシミ以上に日焼けしたんねん」という、自分の肌に対してオラオラ系でした。25歳くらいまでは、日焼け止めを買うことすらしてなかったです。今までごめんねマイスキン。

人生の先輩方の「早めにケアしときよ」のお言葉、マジでその通り。




◎ダイビング前の日焼け対策

・NGな塗り方

・海にやさしい日焼け止め

・サングラスで目から紫外線をシャットアウト!



◎ダイビング中のお肌手入れ

・合間に保湿を!



◎陸上での日焼け対策

・着用アイテムの紹介



◎ダイビング後のお肌ケア

・顔パック絶対



◎結局何を準備したらいいのか





以上5項目でお送りします。


◎ダイビング前の日焼け対策



〇日焼け止め




家を出る前から始まってます。
日焼け止め
女性ダイバーさんは大体ご用意されてますね☆


日焼け止めは、自分のお肌に合うものを使用しましょう。
超絶敏感肌の私は今のとこキュレルです。
アネッサとか、超強力って聞きますね。


脱毛に通ってると「飲む日焼け止め」なんてのも売られてます。
少々高額ですが、トニカク日焼けしたくない!という方は、お肌に塗り、体内からも日焼け止めましょう。


~NGな日焼け止め・塗り方~


 
・古い日焼け止めを使用
こちらも巷では有名な話かもですが、日焼け止め、実は使用期限があるんです。
去年使い切れずにメッチャ残ってるから、使っちゃえ~♪は、やめとけーい♪
開封から大体3か月を目安に、使い切るようにしましょう!そのためにはこまめな塗り直しもしましょうね(=゚ω゚)ノ


・塗る前にはお肌の保湿を!
お肌の水分がカッサカサな状態からのダイレクト日焼け止めは、水分不足で、過剰な皮脂が大放出→日焼け止めがソッコー崩れる
この連鎖が発生します!せめて!家を出る前の日焼け止めは、化粧水と乳液で肌に潤いを与えてから塗りましょー!


~日焼け止めの選び方~

肌に塗ってるものは、ダイレクトに海に垂れ流しです。海洋生物にとって、やさしいものを使用するのが一番よいですね。


海外なんかでは、サンゴに良くないから日焼け止めアカン!っていう場所もあります。塗ったらマジで怒られます。
サンゴが広がる海でダイバーが泳いでいる
けど塗りたい日焼け止め。


紫外線吸収剤不使用で、蜜蝋やサンフラワーシード油などの成分で作られたものが〇
サンゴに優しい日焼け止め、と検索すると沢山出てきますが、塗ったら呪怨のトシオばりに白くなりますので、しっかり、しっかり伸ばしましょう。
ウェットスーツ姿で民族模様のように日焼け止めを塗った女性
どっかの民族ゴッコもできます。


・日焼け止めNG成分
青い海とサンゴと熱帯魚
オキシベンゾン・オクチノキサート(メトキシケイヒ酸オクチル)・オクトクリレン
エンザカメン・トリクロサン・メチルパラベン・エチルパラベン・ブチルパラベン
ベンジルパラベン・フェノキシエタノール


呪文みたいですが、これらの成分が入っている日焼け止めは、サンゴが泣きます・・


〇サングラス


サングラス


なんと、目からも紫外線は入ってきます!
すっぴん隠しにもなるアイテム、サングラス。


家を出た瞬間から、VS紫外線。電車や車の中でも、つけてていいんじゃないでしょうか!
断崖絶壁の絶景ポイントで万歳する女性


◎ダイビング中のお手入れ・追い日焼け止め

 

〇2~3時間ごとに塗りなおし


「日焼け止めはこまめに塗り直すべし」これは割と多く知られてる事実ではなかろうか。
出し入れしやすい手荷物やポーチに、日焼け止めは忍ばせておきましょう!


〇ダイビングの合間の潤い


机の上に並んだ化粧水
コレ!!!意外と盲点では?
ダイビングを1本潜り終わった後は、小休憩をはさみます。
15分もあれば、1時間近いお昼休憩をとったりすることもあります。
その間、休憩場所にもよりますが紫外線は浴び続け、日焼け止めは半落ち、お肌は野ざらし。


本気の化粧水ではなく、手軽なヤツ。旅行用の小さいボトルタイプの物や、大庭はめんどくさがりなので片手でプシュっと出来るミストタイプが好きです。
顔に化粧水を吹き付ける女性
アベンヌウォーターなんかも、手軽でいいですね★


日陰に荷物を置ける環境が休憩場所であれば、日焼け止めと共に身近なポーチに入れておくといいですね!
カバンとその中身。サングラスと日焼け止めと化粧水


◎陸上での日焼け対策

 

〇ラッシュガード


水着やラッシュガード、ウェットスーツを着た男女5人


水着の上から着用、ウェットスーツの下に着用する、水着素材の服です!
UVカット機能のあるもので、フードがついてない、タイトめサイズのものがおススメ★


海を背景にラッシュガード姿の女性
フード付きであったり、ブカブカすぎると、ウェットスーツのファスナーを閉める際にラッシュの生地がひっかかってしまいますので
フード付きのものを着用する際は、スーツを着る直前に脱いだほうがいいですね。


〇帽子


麦わら帽子をかぶって笑顔の女性


船の上や移動中、特に気温の高い日は日よけだけでなく、熱中症対策にもなります!


〇ここでもサングラス


船上でサングラスを付けてポーズ
リゾートツアーになると、船の上でもサングラスを着用したりするので、ファッショナブルなブランドサングラスよりかは、ズタボロ上等なサングラスがあるといいですね★


よって陸上は
・帽子
・ラッシュガード
・サングラス
の3点セットがおすすめ!


◎ダイビング後のお肌ケア

 

〇絶対パック


シーサーの顔パックを付けた6人
絶っっ対です。
お家に帰ってから、もしくはお宿に帰ってから。
お風呂後、必ずしましょう!!なんでもいいです!たぶん高ければ高いほどいいんでしょうけど!


日焼けしたら100%お肌は乾燥まっしぐら全力疾走DEATH!!
パックするまで寝ちゃダメです。
あとはパッケージに書かれてるパック時間は、当たり前ですが守って使用しましょう。


パックは複数枚入ってるので、ツアーで仲良くなったお客さん同士でシェアして親睦を深めるのもいいでしょう。
その際は、皆で一緒に撮って親密度UP☆
ダイビング後に顔パックしている女性2人
ダイビング後に部屋で顔パックしている
女子同士、よくやるよね~~(´ω`*)


〇ビタミン摂取



これは・・たぶん摂取した方がいいんだろうな?と思いつつなヤツですが。
紫外線→乾燥→シワ・シミ発生→オーマイガッ
この連鎖が始まりますので、日焼け後はシミとシワ予防にはビタミンが効果的だと、なんかの記事で見ました。


ビタミンA・C・Eが特に摂取したらいいのですが、ここはもうサプリメントに頼るのが一番楽でいいんじゃないでしょうか。


泊りのツアーの場合は、小分けの袋に入れて持って行っておきましょ!


◎結局何を準備したらいいのか



・サンゴに優しい日焼け止め
・コンパクトな化粧水
・サングラス
・帽子
・ラッシュガード
・顔パック
・ビタミン摂取できるなにか


準備しておくといいですね!


たーだ!!あまりにも過剰に気にしすぎると、せっかくのダイビングも500%で楽しみにくくなっちゃいます。
シミは全力で遊んだ勲章!あとでまとめて、韓国で全部シミ取ったらぁ!
くらいの気持ちでいるのも、今を全力で楽しめて、いいかもね(=゚ω゚)ノ
青い海を背に、両手にヤシの実をもった女の子が笑っている
美容も遊びも全力ダイバーさんへ★
最後までお読みいただき、ありがとうございます!


~こちらもおすすめ~
・ダイビングの時の髪型とヘアケア
・生理中のダイビングについて


女子ダイバー必見!ダイビング時髪の毛事情に役立つ情報♪

こんにちは🌞ダイビングインストラクターのカワモです♪
女子ダイバーのお悩みの一つである
髪の毛問題
女性の髪が乱れている様子
対策ナシのままダイビングしようもんなら確定で☝です。(笑)
今回はこれについてオススメのヘアアレンジや役立つアイテムについてご紹介します(*´ω`)
目次 ダイビング中のヘアスタイルについて
髪のまとめ方
ショートヘアならアイテムでカバー
ダイビングはヘアカラーへの影響はある?
色落ちをできるだけさせないためのコツ
ダイビング後の髪のケアについて
まとめ


ダイビング中のヘアスタイルについて


まずはダイビング中のヘアスタイルについてです。
どんなさら艶髪も海の中では超サイヤ人化してしまいます('Д')
そんな状態にならないためにも髪のまとめ方はしっかり準備していきましょう!

ダイビングでは髪をまとめる

海辺の三つ編みの女性
ロング、ミディアム、ボブ・・・
様々なヘアスタイルの方がいると思いますが、できる限り髪はまとめます。
髪の長さによってまとめ方は変わりますが、ただ単に結ぶイメージよりも編み込む方がダイビング中にほどけにくく安心です◎

髪のまとめ方


髪のまとめ方にルールはもちろんありません。
とはいえせっかくのダイビングなので可愛い方が気分も上がりますよね✨
今のヘアスタイルに合った髪のまとめ方を見つけましょう◎

髪をまとめる位置

海辺で髪をくくった女性
お団子をする場合、後頭部にまとめてしまうとマスクのストラップがずれてしまいマスクの脱落やまとめた髪がほどけてしまうことがあります。
お団子の位置は頭頂部もしくは後頭部よりも低くして、マスクストラップを後頭部に固定させましょう(^^♪


ふわふわ前髪にはご注意を!

海辺で前髪をアピールする女性
ヘアゴムなどでまとめることのできない前髪は特に注意です!
水中では常にふわふわと動いてしまい写真写りも悪くなってしまいます⚡

ショートヘアならアイテムでカバー


まとめるほど髪が長くないショートカットの場合は髪をまとめるためのアイテムを使うのがオススメです✨
逆にそうしないとダイビング中に髪がずっとフワフワ浮いてしまう事にもなってしまいます💦
カチューシャ&ヘアバンド

女子ダイバー鉄板のアイテムです(*´ω`)
高価なものは必要ありませんが、形状としてはカチューシャの場合、左右端にゴム紐付きのものがオススメです。
このゴム紐のおかげでダイビング中の脱落を大幅に軽減してくれます✨
ヘアバンドは面積の広いものがオススメです(^^♪
ダイバーズキャップ
ダイバーズキャップを使っているダイバー
形状はキャップ状のものからニット帽状のものまで色々あります。
ダイビング専用の物なのでカチューシャに比べると多少値が張りますが、
髪をまとめてくれるだけではなく頭部の保護の役割もあるのでオススメです✨

ダイビングはヘアカラーへの影響はある?


あるかないかでいうと「ある」ですね(T_T)
ダイビングというか海水が色落ちの大きな要因となります。
カラー後の色落ちの原因やケアの方法をお伝えします(^^♪

色落ちの原因


1本の髪の毛の外側がキューティクルという膜に覆われています。
そして髪の毛自体は普段は弱酸性なのですが、海水は弱アルカリ性。
アルカリ性に晒されることによって外側のキューティクルが壊れてしまうんですね。
そして防御力を失った髪に太陽光がダイレクトアタック!
その間はどんどん脱色することになり、
さらに塩は水分を吸収する作用があるので髪の水分まで持っていかれます。
結果、色落ち&ギシギシ(水分不足)になるのです(T_T)

色落ちをできるだけさせないためのコツ


ダイビングをするなら髪は諦めないといけないのか・・・
いいえ!そんなことはありません!(*´ω`)
しっかりとした対策とケアができればそこまで大きな色落ちはありません◎
事前の準備とダイビング後のひと手間で格段に効果が違うのでぜひやってみて下さい(^^)/
ヘアカラーを守るためにできること

先ほどの色落ちの原因にある通り、海水+太陽光が組み合わさると脱色してしまうということは
どちらか一つでも防ぐことができればOKということです◎
では海水と太陽光どちらを防ぐのか・・・
正解は太陽光です🌞
ダイビングで海水を防ぐのはさすがに厳しいですしね(笑)
ダイバーズキャップの類を使用することでダイビング中の太陽光はほぼカットすることが可能です(*´ω`)
髪をまとめて、頭部を守り、ヘアカラーも守る・・・
万能すぎるよダイバーズキャップ。(笑)
ダイバーズキャップの回し者みたいになってますがそんなんではありませんので(笑)
それだけオススメということです✨
ダイビング後いかに早く〇〇できるかが鍵!

ダイビング後の動きもヘアカラーを守るためには重要です!
ダイビングが終わればできる限りすばやく「海水を洗い流す」ことを意識しましょう🚿
海水に含まれる塩分をすぐに落とすべし!ということです。
「2ボートやし全部潜り終わってからシャワーしたらいいや~」なんて悠長なことは言ってられません(笑)
ダイビング前に予めシャワーの場所や数等を確認しておくのも大切です✨

ダイビング後の髪のケアについて


ダイビングが終わった後の髪のケアも大切なポイント。
ダイビング直後なのに髪がサラ艶✨なんて素敵じゃないですか?(*´ω`*)
そんな髪のケアについてのオススメです◎

便利なミニボトルは女子ダイバーの必需品


いくらシャンプー等のアメニティが備え付けて置いてあるダイビングサービスでも、
ボタニスト級の備え付けは今まで見たことありません( ゚Д゚)
ある程度いいシャンプー類を置いてくれているダイビングサービスもありますが、中には水で薄めたリンスインシャンプーのみだったり
そもそも備え付けがないところもあります。
そんなところへお気に入りのシャンプー・トリートメントを持っていこうにもお徳用ドデカボトルで行くわけにはいきません(笑)
無印良品で安く買えるにもボトルに詰め替えて持っていきましょう✨
100均のミニボトルはあまりオススメしません。
いままで何度もカバンでフタがOPENしてる事件現場を見てきたので。(笑)

すぐドライヤーが使える環境かどうかを事前に確認


洗った髪をすぐに乾かすのも大切です。
備え付けがあるのがどうかや、無いならコンセントはあるのかなどを事前に確認するようにしておけば鬼に金棒です◎
もしもダイビングサービスの施設が近くにないダイビングスポットや、クルーザー等で電気が使えない状況であれば
吸水性の高いタイルと櫛で速攻自然乾燥に努めましょう。
一番よろしくないのが髪がびしょ濡れのまま適当にまとめて「水滴は落ちないよ」くらいの対処です。
蒸れるわ乾かないわで髪には超悪影響です⚡

まとめ


女子ダイバーの髪の毛事情、少しはお役に立てましたか?
水中では髪をまとめること、海水&太陽光のコラボを避けること、
ダイビング後のケアの事・・・
いろいろオススメはありますが、何よりも伝えたいのが
「ダイビングでキレイを犠牲にしないこと」です✨
せっかく始めたダイビングです、もっとキレイにかっこよくこれからも潜りましょー✨

女性ダイバー必見!生理中のダイビングについて

みなさん、こんにちは!
本日のブログはカワモがお送りいたします✨

女性ダイバーにとっての悩みの一つ。

『生理』について!

女性ダイバーのお悩みを解決していきましょう!

【悩める女性ダイバーへ】
生理中にダイビングってできるの?

悩める女性ダイバーへ、生理中ってダイビングができるのか?

結論から申し上げますと『できます!』

ただ、日常生活に支障をきたさない程度であることが絶対条件です。

日常生活に支障をきたすほどの生理痛がひどい。貧血でしんどい。など体調面がすぐれない場合は潔く辞めておきましょう。
なんせ身体の安全が第一ですからね!

それを踏まえたうえで生理中にダイビングをするとなったとしてもできるだけ快適にダイビングを行えるようにしていきましょう✨
ココで疑問(・・? 薬を服用してダイビングってしていいの?

これに関しては、やめておいた方がいいでしょう。
市販薬は様々な成分が含まれているため、水圧のかかった水中でどのような副反応が出るかわかりません。
どうしても薬を服用してダイビングしたい場合はダイビングに精通したお医者さんに相談してお薬を出してもらうことをおススメします!


【悩める女性ダイバーへ】
生理中のダイビングを快適にするためには!



うわー----、せっかく楽しみにしていたダイビングなのに…
生理がかぶりそう😢

そんな時にでもできるだけ快適にダイビングが出来るように私、カワモがアドバイスさせていただきましょう😊
お悩みの女性ダイバーへ届け~~~!
やはり心配なのはこのWETシーズン。
みんなどうやっているのかな…?とは思いつつもなかなか聞けなかったりしますよね😰

悩める女性ダイバーへウェットスーツの時の生理中でダイビングをしている様子

★ウェットスーツ編★

☆タンポンがおすすめ☆
タンポンはダイビング中でも普段通りに使うことが出来ます!
ただ衛生面を考えると1Diveごとに変える事が望ましいです。

終わったらトイレにGO🚻ですね!

「タンポンは普段使わないし心配…」
という方はいつも通りナプキンでも大丈夫です😊

ただナプキンは海水を吸収して膨張してしまうため
お股に違和感を感じてしまうことも💦
またダイビング後に海水と一緒に経血が流れてスーツが汚れてしまうこともあります。

水から上がって水圧がなくなったときが要注意⚠

量が多くて心配という時はタンポンとナプキンの二刀流なんかしちゃったり✨
ここでワンポイント💡 漏れてしまっているんじゃないかと心配な時に…
・スーツはトイレに行くまで腰まではいておくようにしよう!
・ビキニの場合はその上にラッシュガードや、ショートパンツ、もしくはその両方をはいておこう!
(色は濃い目の黒や紺がおすすめ!もし漏れていても目立たないように。)
・ボートコートやタオルでお尻まで隠しておこう!

悩める女性ダイバーへ、ドライスーツの時期に生理中にダイビングをする時の注意点。ドライスーツの写真

★ドライスーツ編★

ドライスーツはウェットスーツの時と違って濡れる事はありません!
濡れないというだけでとても気が楽ですよね(*´▽`*)

ドライスーツのシーズンはナプキンでもタンポンでもいつも使い慣れているものを使用しましょう。
もし漏れてしまった時用に替えの下着があったほうがいいですね🌟
☆ナプキンを使用する時は!☆
羽付きのものがGOOOOOOOOD(`・ω・´)b
フィンキックなどどうしても動くことが多いのでズレないようにするためにも羽根つきのナプキンがおすすめです。量が多くて心配な時は夜用を付けておくのも安心ですね😊

ズレに強いスポーツ用なんかは最強です(=゚ω゚)ノ

【悩める女性ダイバーへ】
生理中のダイビングに向けてしっかりと準備をしよう!

★生理中のダイビングで準備するもの★

◎生理用品(交換用タンポン・ナプキン)
衛生面も考えてできるだけこまめに交換することが理想です。何度も交換できるように多めに持って行っておこう!
◎生理用品用のポーチ
防水ならなおさらGOOD✊ボート出港の合間の休憩でもすぐに取り出せるようにしておくと便利!
◎ウェットティッシュ
もし漏れだしていた時にすぐに拭き取って安心!(^^)!
◎替えの下着(ドライスーツ時)

コケギンポ

★生理中のダイビングで気を付けておくこと★

其一:トイレの場所を確認しておくべし!
ダイビング終了後すぐにトイレに駆け込むためにも事前に場所は把握しておきましょう!
其二:冷え対策をしておくべし!
生理中に限らず冷えは女性の大敵🔥
極力身体を冷やさないようにしておきましょう。
冷え対策の極意 ・ボート上ですぐにスーツは脱がない!
・水から上がったら素早くタオルで水気を拭きとる!
・替えのラッシュガードや少し濡れもいい上着を着る!
→なんせ濡れている状態が一番冷えの原因になります。ダイビング間の休憩中に体温を奪われないようにできるだけ乾いたラッシュガードに着替えるか濡れた水着は脱いでTシャツに着替えて過ごすようにしましょう。
其三:事前にインストラクターに伝えておくべし!
ダイビング中に体調の変化が訪れるかもしれません。
そんな時のために前もってインストラクターには伝えておきましょう!必ず担当インストラクターが気にかけてくれます。男性スタッフに直接言いにくい場合はぜひ女性スタッフにお気軽にお申し付けくださいね😊

【悩める女性ダイバーへ】
生理中のダイビング:まとめ


沖縄でダイビングをしている様子

生理中のダイビングでお悩みの方も多かったのではないでしょうか?
そんなお悩みを少しでも解消できていればいいなと思います✨

生理中でも知恵と工夫をこなせば問題なくダイビングをすることが出来ます😊

だだ無理は禁物です!
体調が心配な時は安全の為に辞めておきましょう。

海は逃げませんので(*´▽`*)

できるだけストレスフリーでダイビングを楽しんでいきましょうね(*^^*)✨

何かダイビングの事でお悩みがあればお気軽にスタッフにお申し付けください!!
最後までお読みいただきありがとうございました😊

初めてのダイビングカメラって何がいい?📷

みなさんこんにちは!
ライセンスニュースには初登場のしげぴぃです😊

本日はお客様からお声が上がった話題について徹底解説していきます👓

その話題は何かといいますと…
『初めてのダイビングカメラってどんなのがイイの~』です!!

ダイビングライセンスを取得して水中にも慣れてきたころ、、、
水中の景色や生物も思い出に残したいものですよね…😇

でもダイビングカメラってどんなのがあるかも
何がいいかもわからない!!

そんなお悩みを解決していきましょう!✨
初めてのダイビングカメラ!撮りたいものによって種類が変わる!
ダイビングカメラは水中でどんなものを撮りたいか、

小さなカワイイマクロ生物?

それとも水中の景色を全体的に?

もしくはダイビング中の景色を動画におさめたい?

このように自分自身がどんな写真、どんな動画をとりたいかによって選ぶものも変わってきます!

そのシーンによっておすすめカメラをご紹介していきましょう😊

初めてのダイビングカメラ:マクロ生物をじっくり撮りたい!

そんな方には断然!!

『オリンパス TGシリーズ』

オリンパスTGカメラ

このオリンパスTGシリーズは初めてのカメラにはもってこいのコンパクトデジカメです😊

陸上でも普通のデジカメとして使うことが出来ますが
なんせ水中で撮るためにできた『水中モード』が素晴らしいんです!

そんな素晴らしい『水中モード』のご紹介!

◎水中モード

学科講習でも習う、【色】
水中では陸上と違って赤みが失われて行ってしまいます。

僕は赤が好きなのでダイビング器材は赤がほとんど…
そうなると水中では少し茶色っぽいくなってしまったりします。

なので普通のカメラで写真を撮ってしまうとそのまま赤みがない状態で写ってしまうので・す・が!

オリンパスTGシリーズの水中モードがスゴイのはコレ!
失われた赤みを補正してくれる!

よってキレイな水中を映し出してくれるのです。

ダイビングカメラ、オリンパスTGシリーズで撮った水中でのダイバーの写真。赤いマスクが映えて赤みを補正してくれているのがわかる
(水中で遊ぶしげぴぃ)

水中にも関わらず、しっかりと赤のマスクやスーツが映えますよね✨
これがオリンパスの水中モードの力!!

水中モードの中でも色んなモードがあるので水中のシーンにも合わせて変えていくことが出来ます!

〇水中スナップ

スノーケリングやとても浅い水深で、
自然光が届いているシーンに最適なモードです。


〇水中ワイド

ワイドとは広い景色を撮ることを言います。
魚の群れを全体的に撮ったり、洞窟に光が差し込んでいる様子を撮るのもいいかも!

オリンパスTGシリーズの水中ワイドモードで撮った水中洞窟をダイバーが泳いでいる様子


〇水中マクロ

生物を撮る時に最適!
大きすぎず小さすぎずの生物が一番撮りやすい!

オリンパスTGシリーズ水中マクロモードで撮影したハナヒゲウツボ


〇水中顕微鏡

マクロよりももー--っとマクロ!
めちゃくちゃちっちゃい生物を撮りたいときに使います✨
ウミウシを撮る時には断然おススメ😊

ライトに乗ったミツイラメリウミウシ

ライトにのったこんなに小さいウミウシが…

海藻に乗るミツイラメリウミウシ

こんなに近くで撮れちゃいます!!
初めてのダイビングカメラ:オリンパスTGシリーズ まとめ
生物の写真も水中の写真も撮りたい!
その日のダイビングの思い出を残したい方にはもってこいです✨

初めてのダイビングカメラ:水中の景色をとにかく撮りたい!

そんな方には断然!

『GoPro』

水中で動画や景色を撮りたい方はGoPro!
キレイなワイド写真や動画が撮れます!

goproでとった水中写真

一つ難点なのはマクロ生物などの小さい生き物を撮ろうとすると近くによっても広角なのできれいに写すことができません💦
初めてのダイビングカメラ:Gopro まとめ
とにかく水中の景色や風景を撮りたい!
また動画をたくさん撮りたい方にはおすすめです✨


初めてのダイビングカメラ:必須な付属品!

今まで2種類のおすすめダイビングカメラをご紹介しましたが、
このカメラ単体だけでは使いこなすことができません💦

カメラを手に入れても『え、これだけじゃ使えない!?』なんてことがあるとたまらないですよね😭

どのダイビングカメラでも必須なもの…それは!!

◎ハウジング◎
水圧がかかるとシャッターボタンが常に押された状態になってしまい写真が撮れなくなるなんてことも。

なのでダイビング中に写真を撮るにはハウジングが必須アイテム✨
ハウジングとは、カメラ本体を入れるための防水・耐圧ケースのことです。
今回ご紹介したカメラ達は基本単体でも防水の機能がついているためそのまま海にいれても壊れることは少ないですが、水圧に耐えることはできません。

水圧がかかるとシャッターボタンが常に押された状態になってしまい写真が撮れなくなるなんてことも。

なのでダイビング中に写真を撮るにはハウジングが必須アイテム✨

〈オリンパスTGシリーズ ハウジング〉

ダイビングカメラ オリンパスTGシリーズのハウジング

ダイビングカメラ オリンパスTGシリーズのハウジングを開いている様子

〈GoPro ハウジング〉

ダイビングカメラ GoProハウジング

水中カメラのハウジングはカメラによって専用のものがあるので間違えないように要注意⚠

初めてのダイビングカメラ:「あったらいいな」な付属品!

ここから紹介するものは必須のものではありませんが、
ダイビング中にあったらとても便利なものシリーズです✨

ぜひご参考までに!
①スナッピーコイル
これは重野的に一番あった方がいいと考えます!
ダイビング中は器材をいっぱいまとっているせいか、視界が狭くなりがち。。。

こんなときは水中で気づかないうちに落としたりしてしまうのです!!
何度水中で青ざめた顔を見てきたことでしょう…💦

絶対に落とさないようにするためにはスナッピーコイル🙌

ダイビングカメラにつけるスナッピーコイル
②〈GoPro〉フィルター
GoProは水中モードの機能がないため、水中では赤みが消えて緑がかった写真になりがちです。。
そのため専用のフィルターをつけるのがおすすめ!!

詳しくはぜひスタッフまで聞いてみてください✨

初めてのダイビングカメラ:最後に!

今回は初めてのダイビングカメラで悩んでいる方へ語ってみましたがいかがだったでしょうか😄

水中での思い出を残していくためにはカメラが一番です!!🎥
ぜひ参考にしていただけましたらと思っております!

もっともっと詳しく話が聞きたい!
という方はぜひスタッフまでご相談ください(^o^)

ぜひぜひカメラダイバーデビューしちゃいましょう✨

本日も最後までお読みいただきありがとうございました😄

ダイビングの適正ウェイトとは?その注意点と見極め方◎

こんにちは🌞ダイビングインストラクターのかっきーです◎
今回の記事ではダイビングにおける適正ウェイトについて解説していきます。
これからダイビングを始める方やダイビングをやったことがない方に一番馴染みのない道具ですよね。
何のためにダイバーはウェイトを身に付けるのか、
一体どれくらいの重さにすればいいのか、ウェイトにまつわるダイビングのトラブルとは?
意外と知らないウェイトについて深堀りしていきましょう◎




ダイビングのウェイトって何?

スクーバダイビングで使用するウェイトとウェイトベルト
まずはウェイトについての基本的なところから解説です。
材質、サイズ、身に付け方などなど・・・ウェイトについて知っていきましょう(^^♪




ダイビング用ウェイトの素材は?


ダイビング用のウェイトに採用される素材に求められることは以下の通り☟
・ある程度素材としての重量があること(小さくても重い=携帯しやすい)
・形を加工しやすいこと
・錆びないこと
といったところです。これらの条件を満たした素材が鉛(なまり)となります。
釣り具等でもよく採用される素材で、特に錆びにくい素材の中では加工のしやすさや低価格なことも相まってウェイトには鉛が採用されています。




ダイビング用ウェイトのサイズについて


ダイビングではウェイトを㎏単位で使用します。
ウェイトの重量はダイバーによって様々なので主に1㎏のウェイトと2㎏のウェイトを組み合わせて自分に合った重量を作ります。
ダイビングで使用するウェイト
大きい方が2kg、小さい方が1kgです。
いずれも手のひらサイズでまれに1.5kgや0.5kgといったウェイトもありますが、基本は1kgと2kgのウェイトです。




ウェイトの装着の仕方について


ダイビングをする際、通常はウェイト専用のベルト、通称ウェイトベルト(そのまんまです笑)に通して腰に巻きます。
着脱は比較的簡単でバックルを締めるだけで完了です。
現在はウェイトを入れるためのポケットが内蔵されたBCDも大手ダイビングメーカーからも発売されていて、
腰への負担軽減やウェイトが擦れることからくるダイビングスーツの傷みを軽減してくれる便利機能も活躍しています。
ウェイトポケットが内蔵されたBCD




装着時に注意したいこと

ウェイトの装着にはいくつか注意点があります。
以下の事に注意して安全に装着しましょう◎


ウェイトの装着位置
ウェイトベルトを使用する場合は必ず骨盤より上でしっかりと締めます。
スクーバダイビングで使用するウェイトの正しい装着位置
陸の時点でウェイトベルトが傾くような状態では水中ではほぼ間違いなく脱落します。
理由としてはダイビングスーツの収縮です。
多数の気泡があるダイビングスーツは水深が深くなるにつれて水圧に押しつぶされて生地が薄くなります。
そのため陸上よりもさらに腰周りが細くなり、脱落の原因となります。
念入りにするにはエントリー後、水中でウェイトベルトを締めなおすと脱落防止になります。




ウェイトの向きに注意
ウェイトは本来身体の左右周辺に装着するものであるため、軽いカーブ状になっています。
スクーバダイビングで使用するウェイトはゆるいカーブ状になっている
このカーブを裏返しで装着すると余計に身体に当たったり、ウェイトポケット内蔵のBCDでは入らないということが起きてしまいます。
身体に巻くにしてもBCDのウェイトポケットを使用するにしても、ウェイトの向きには注意しましょう◎




余ったウェイトベルトは折り込まない
ウェイトベルトは余裕をもってかなり長くなっていることが多いです。
そのためウェイト装着後に余ったウェイトベルトがペラペラと鬱陶しいこともあります。
しかしながらこの余ったウェイトベルトは内側に折り込んで収納しないでください。
理由は緊急時に即座にウェイトベルトを外すためです。
緊急浮上をする場合、ウェイトベルトを水中で捨てることもあります。
その際に折り込んでしまっているとなかなか外せないということも考えられるので、
多少邪魔でも余ったウェイトベルトはそのままペラペラさせておいてください。




ウェイトは投げない
鉛の塊を人や物に向かって投げることはさすがにないと思います(笑)
ここでは投擲という意味ではなく、ポイっと地面になげてゴンッ!と地面に置かないでくださいということです。
なぜならウェイトは鉛の為案外柔らかく、簡単に形状が変わってしまいます。
雑にゴンゴン!と地面に当てているとウェイトベルトを通す穴が次第に狭くなっていき、
ついにはウェイトベルトが通らなくなってしまいます。
ウェイトは丁寧に扱いましょう◎




何のためにウェイトをつけるのか

ウェイトの基本的なことは上記のとおりですが、ここからはさらに深堀りしていきましょう。
ダイビングの器材はかなり重く、タンク(シリンダー)に関しては13kgほどあるのが通常です。
さらに数kgの重りを身に付ける必要なんてあるのか?と思ってしまいますが、
それにはきちんと理由があるのです。




ウェイトはダイビングスーツと深い関係がある

ウェイトがないとダイバーは沈むことができません。
つまりそれはダイビングスーツがとんでもない浮力を持っているという事です。
着ているだけで浮きすぎるダイビングスーツの浮力を無効化するためにウェイトは必要不可欠な存在なのです。




浮かないダイビングスーツならウェイトはいらない?

浮きすぎるダイビングスーツのせいで邪魔なウェイトをつける羽目になるなら、
浮かないダイビングスーツを着ればいいのでは?
という疑問もあると思いますが、それは不可能です。
ダイビングスーツが強い浮力を持つ理由は「生地の厚さ」によるもので、
生地が薄ければ薄いほど浮力は減少しますが、そうなると保温力が激減します。
ダイビングにとって冷えは天敵です。
保温力を発揮するためのダイビングスーツなので、保温力を捨ててしまうのはご法度です。
まれにペラペラの上着と水着だけでダイビングをしているベテランダイバーも見かけますが、
何もかっこよくありませんので真似しないようにしましょう◎




タンク(シリンダー)がもっと重ければウェイトはいらない?

極論でいえばそうですが、これ以上タンクが重くなるのは勘弁してください状態です(笑)
さらに細かいことを言うと重量=沈む力ではありません。
浮力(浮く力、沈む力)は重量と「表面積」によって大きく変わります。
例えばパチンコ玉とバスケットボールで比べてみます。
重量は明らかにバスケットボールの方が重いですが、沈むのはパチンコ玉だけです。
物体が水中で浮くか沈むかの違いは「物体が押しのけた水の重量と物体の重量の差」という原理があります。
ここでこれ以上このアルキメデスの原理を説明すると文字数がとんでもない上に本題から逸れてしまうので簡単にまとめます。
「重くてもデカいと浮く」「軽くてもちっちゃいと沈む」こんな風に思っててください◎
つまりタンク(シリンダー)は重量はかなりありますが沈む力はそれほどないという事です。
タンク(シリンダー)が多少重くなったところでウェイトは必要になります。




ダイバーの適正ウェイトは?

ダイバー各々によって適正はウェイトの重量は違います。
自分に合ったウェイト(適正ウェイト)を知ることが安全・快適にダイビングをする第一歩と言っても過言ではありません。
ここからは適正ウェイトについてのお話です。




適正ウェイトの作り方

適正ウェイトを作るには浅くても構いませんので海で行うのが一般的です。
足がつかない(浮いていられる)場所であればどこでも構いません。
ある程度のウェイトを身に付けて水面に浮いた状態でBCDの空気を抜いてください。
その際の身体の浮き具合で以下の判断ができます。




BCDの空気を抜いて普通に呼吸をしているけど顔が水面から出ている

これはウェイトが軽すぎる状態です。
これではいくら潜降しようとしてもなかなかスムーズには潜降できません。
もう1kg~2kg増やして再チャレンジしてみましょう◎




BCDの空気を抜いた瞬間から沈んでいく

これはウェイトは重すぎる状態です。
自分の意思とは関係なく沈んでしまうため耳抜きが間に合わなかったりと危険も潜んでいます。
もう1kg~2kg減らして再チャレンジしてみましょう◎




BCDの空気を抜いて普通に呼吸をしている時は水面が目線の位置にくる

これが正しいウェイト数量、つまり適正ウェイトです。
潜降するためにはここからさらに息をしっかりと吐いてゆっくりと潜降しましょう◎




プール施設では誤差が出るので海がオススメ

海でダイビングする女性
海水と淡水では液体自体の重さが違うため(塩が入っているので海水の方がやや重いです)
浮力も変わってきます。プールでは4kgは適正ウェイトだと判断しても、
海では4kgではやや足りない(軽い)ということもあるので適正ウェイトの判断は海で行いましょう。




水深によって適正ウェイトは変わる

浅い水深(ビーチダイビング)と深い水深(ボートダイビング)では適したウェイトは変わります。
ボートダイビングの際はビーチダイビングの時より―2kgほどに調整するのがオススメです。




適正ウェイトは使用するダイビングスーツによって変わる

ダイビングスーツにはWETスーツ・DRYスーツの2種類があり、それぞれ気温や水温によって使い分けます。
WETスーツとDRYスーツでは保温の仕組みが大きく異なり、特にスーツ内に空気を送りこむことになるDRYスーツではWETスーツの時の適正ウェイトよりも+2kgほどの追加がオススメです。


タンク(シリンダー)の種類によってもウェイトを変えること

ダイビングのタンク(シリンダー)の素材は2種類。
スチール製とアルミ製です。
普段どちらの材質を使用するかやどちらの材質で適正ウェイトを決めたかによりますが、例えばスチールで適正ウェイトが4kgだった場合、アルミだと6kg~7kgに増やします。
アルミタンクの方が多くのウェイトを必要とすることになりますので、タンクの材質が変わる場合は注意しましょう。
適正ウェイトやタンク(シリンダー)についての記事はコチラ




日本と海外でのウェイトの違い

日本では馴染みのあるkg単位も海外に行けばマイナーなものになります。
ポンド単位が採用される場合も多いので、1kgが何ポンドなのか、または1ポンドは何kgなのかを把握しておきましょう。
1ポンド=0.453592kgなので大まかにすると約0.45kgという事になります。
4kgのウェイトを作る際にはポンド単位では9ポンド(約4.05kg)となりますので、
kgとポンドの換算を間違えない様に注意しましょう◎




ウェイトに関する注意事項

ここまで記事をざっと読んで頂けたならダイビングにおいてウェイトは非常に重要なものだという事が伝わったのではないかと思います。
しかしながらまだまだダイビングを楽しんでいるダイバーの中にも「ウェイトは適当に」「沈めば何とかなる」という認識をしてしまっているダイバーもいます。
かなり長文になりましたが最後はウェイトに関する注意事項とリスクについて解説します◎




ウェイトはしっかりと締める(留める)こと

ウェイトの装着に関しては上記のとおりですが、もし水中でウェイトが外れればどうなるのかを解説します。
水中でウェイトが外れてしまうと途端にバランスを崩します。
その後完全に身体からウェイトが離れれば急速な浮上に繋がります。
ウェイトあっての浮力調整なので、そのウェイトがなくなるとなればBCDの空気を完全に抜ききって息を吐ききっても浮上を止めることができない場合もあります。
ウェイトの脱落防止には細心の注意を払いましょう◎




ウェイト脱落に役立つ情報

ウェイトの脱落を防ぐためにできることをいくつか紹介します。
次回のダイビングからできることもあるので参考にしてください。


ウェイトベルトのバックルの点検
スクーバダイビングで使用するウェイトベルトのバックル
ダイビングで使用するウェイトベルトはバックルで挟み込んで留めるものが一般的です。
様々な形状のものがありますが、長年使われてきたウェイトベルトはバックルを締めた時の挟む力が弱まっていることがあります。
しっかりとバックルの挟む力があるかを確認しましょう。




バックルを締める際にも注意
スクーバダイビングで使用するウェイトベルトのバックル。しっかり締まっておらず悪い例
写真のように斜めにベルトを締めてしまうとバックルが締まりきりません。
少し浮いた状態になり脱落に繋がります。
バックルを締める際はベルトをまっすぐに締めるようにしましょう。
ウェイトポケット内蔵型のBCDを使う
ウェイトポケット内蔵型のBCDであればウェイトベルトを使う必要はありませんのでその点は安心です。
しかし安価なBCDだと購入当初はしっかり留まってくれていても、使用するにつれてウェイトポケットの強度が落ちるものや、
マジックテープだけで留めるようなものもあります。
どんなものであれ絶対安全ではないので使用前の点検やオーバーホールにはしっかりと出しましょう。


ウェイトはすぐに外せるようにしておくこと

さっきと真逆の事を言っているように見えますが、少し違います◎
勝手に外れるのがダメということで、任意に外せる状態が望ましいという意味になります。
水中でウェイトを外す必要があるのかと疑問もあると思いますので、ちょっと詳しく解説します。




水中でウェイトを外す場面とは

単刀直入にいうと緊急時です。
深い水深でエア切れ、そしてバックアップ呼吸源(オクトパス)をもらえない状況(ロスト)が発生してしまうと残された手段は緊急浮上一択です。
落ち着いて直ちにウェイトを外し、捨てます。
浮上開始と同時に水面に向かって大の字になります。
この時レギュレーターは吸えなくても外してはいけません。
このままゆっくり浮上するのがポジティブボイアントアセントという浮上方法です。




オーバーウェイトは危険

ウェイトの付けすぎ、いわゆるオーバーウェイトにはならない様に気をつけましょう。
度が過ぎると強制的に沈んでしまうことになるので大変危険です。
適正ウェイトをしっかり見極め、必要な分だけウェイトを装着します。
ただし、「今日はしっかり地面に着底して小さい生き物の写真を撮るぞ!」という場合等は
適正ウェイト+1~2kgの増量はボク自身もよくすることなのでアリかなと(^^♪




まとめ

ウェイトはダイバーにとってなくてはならないものであり、水中で外れることがあってはなりません。
適正ウェイトを把握して安全にダイビングをしましょう◎
また、緊急時にはウェイトを外す必要もあるので「勝手に取れない、いつでも外せる」を心がけていきましょう◎
お申し込み
最短4日でライセンス取得

29,800

8