ダイビング、してみたいけど「泳げる人」の遊びだと印象をお持ちの方が、たま~にいらっしゃいます。


そんなことない
と、元カナヅチ代表の
私は言いたいです٩( ''ω'' )و
こんにちは大庭です!


ダイビングしたいけど泳げない、泳ぎに自信の無い方。これからダイビングを始めたい方へ★



 

・なぜ泳げない人でもダイビングできるのか

・泳げない人が抱く不安

・むしろ泳げない人にダイビングがおすすめな理由



 

お答えしていきます(*´▽`*)


なぜ泳げない人でもダイビングできるのか

理由は簡単!ダイビングは「道具に頼りまくってる」もんで!

 

・息継ぎ

・手足をうまく動かせない



等、特に泳げない人が心配する項目に関して
元カナヅチ代表の私からは「モウマンタイ」としか言いようがないのです(=゚ω゚)ノ


なんで大丈夫なのか?モウマンタイの一言で片づけませんよ。
ちゃんと理由もお伝えしていきます!


Q.息継ぎ問題について


 


A.ダイビングは息継ぎ不要。


水中呼吸マシンで息をするんですよ(=゚ω゚)ノ
「レギュレーター」という名前の、呼吸源。

↑みんなレギュレーターで水中呼吸


水泳の時の
息継ぎのタイミング不明→ゴホゴホ→苦しい→泳げない
この一連の流れが、発生しません!


どうですか?息継ぎ問題、解決ですよ!



Q.手足をうまく動かせない





A.動かさんでいい。


ちょっと言い過ぎました。
ダイビングは泳ぐよりも「浮く」重視。
泳ぐ時、足のみ、ゆっくり動かします。


そしてダイビングする時は、手を動かさないように、と伝えてます。

泳ぐのに手は不要。


ダイビングでは、足に「フィン」という道具を着用します。
少しの動きでよく進みます!

↑グイグイ進むフィン


ただ、フィンを着用してダイビングをするにしても、やはり「足の動かし方がよくわからない」問題は発生してます。
これは泳げる人にも言われます('ω')ノ


泳げる人も、泳げない人も、ダイビング始めたてのうちは練習あるのみです。



↑手は、水中カメラやライトを持ったりするのです。


泳げない人が抱く不安

泳げない方は、ダイビングに対するハードルが高い方が多くいらっしゃいます!
上のとこでお伝えした「息継ぎ問題」に加え


・大海原に対する恐怖
・足のつかない水深の恐怖
・サメへの恐怖
・流されたりなどの遭難の恐怖


この内容だけでホラー映画が出来そうです。というかあります。
「オープンウォーター」という海外のダイビング映画、これからダイビングをする人は観ない方がいいです(=゚ω゚)ノ
私はダイビング始めたての頃に意地悪な人に勧められ、観てしまい、勧めてきた人を今でも恨んでます(10年前)


Q.足のつかない大海原への恐怖





A.ホンマに大丈夫。


大人は、海と疎遠になりがち。
海なんか何十年も行ってない!という方、多いです。


ダイビング始めたてのダイバーさんに連れていく海は、こんなとこです。

遠浅のビーチ。



ちぃとずつ、深くなってきますが・・



足、ついてます。



そのまま、浅いところでダイビング。
気持ちが追い付かないまま、いきなり深い海へドーン!なんてことは、しません!٩( ''ω'' )و





Q.サメの恐怖



 
A.ホンマに大丈夫。


大人は、色んな情報を仕入れてます。
正しい知識も、そうでないことも。


大人はもれなく「JAWS」も観てるのです。
そしてサメへの恐怖が語り継がれます。


これに関してはスピルバーグが、全世界の人間をサメの恐怖におとしいれましたよ。
実際にダイビング中、サメに襲われる確率は世界的に見ても「数百万分の一」と言われてます。
これは宝くじ一等当選確率と比べて、どうなんでしょう?
どうなんでしょうね。


人を襲うサメは、そもそもサメ界でもレア。
異端児です。危険ザメがいる海域では、ダイビングしません٩( ''ω'' )و


むしろ、ダイビング中にサメ発見=写真撮らなぁぁぁ(゚д゚)!
ですよ。逃げたら勿体ない!そんな大人しいサメちゃんばっかです。

↑ジンベエザメに会いにセブ島ツアー行ったり


Q.流されたりして遭難したらどうしよう





A.そんなとこ連れてかない。




突然、ぶっ飛ばされるような流れがある!なんて場所は、決まってます。
そんな海には、ダイビングに慣れていないお客様を連れていきません(゚д゚)


遭難しないように、安全管理をするのです。
そしてライセンス取得の過程で、それを学ぶのです。
遭難の対処法ももちろんお伝えしますが、そもそも、そんな事態、私たちも絶対イヤ。
遭難させてたまるか精神でやってます。


まずは未然に防ぐこと。
そう、ダイビングは「安全第一」です。

まずは穏やかな海で。
ダイビングに慣れたらわざと流れのある所にも行きますが、慣れたら、です。


むしろ泳げない人にダイビングがおすすめな理由

これは私自身が、泳げなくてもダイビング出来たから。
海に縁のない人生を歩んでたけど、すごく楽しいから。
泳げないってだけで、こんな楽しいことを、あきらめて欲しくないから。


という情熱的な理由も大いにありますが


・泳げない人の方が、足の動かし方など「泳ぎのクセ」が無いので、ダイビングの泳ぎ方がキレイに身に付く



という方を、よくお見掛けします。



泳げる人はたまーに、手を動かすクセが出てしまったり
慣れるまではフィンの使い方が思い通りに行かずイライラしちゃう


そんな現象が起こります。


しかし、泳げない方は泳ぎに関して、なーんにもクセなし!
それでいいのです!
ダイビングでは、クセは無ければ無いほど、いいのです!!!



注※泳げる方は水に慣れてるので、それはそれでホントに良いのです。クセがあればダイビングでの泳ぎ方に慣れるのみです。モウマンタイ。


最後に

ダイビングは、泳げない人でも出来る遊びです。
「道具」を使った浮力の遊びなので、泳げる泳げないは、ダイビングを始めるにあたって、気にするところではありません。
決して「ハンデ」に感じるものでは無く、むしろ「泳げないけど、出来た!」となったらすごく嬉しいではありませんか(*´ω`)





日本、世界中のリゾート地はキレイな海があることが多く、もれなくダイビングが出来る場所もいっぱい。
陸の観光だけでなく、海の中も観光出来たら、旅行はさらに楽しく。
日帰りで遊びに行ける和歌山は、小旅行をあたりまえの日常にしてくれます。





アズールでは、ダイビングライセンス取得の実習の際は
必ずプール実習の実施をしてから、海での実習に行きます!

↑ダイビング用プールでダイビング


そんなわけでダイビングは、泳ぎはそこまで気にする項目ではなく、健康面さえクリアすれば誰でも出来ます!



特に私自身が、泳げないけどダイビングは楽しめる!を身をもって証明できてます。
不安になる気持ち、痛いほど理解できます。


大丈夫です。
そこのカナヅチさん、いつでもお待ちしてます!







ダイビングは年中できる遊び★
→→まずはお気軽に無料説明会からご参加ください




皆様に安心してご来店いただくために★
ご入店前の手洗い・うがい・消毒・検温にご協力いただいておりますm(__)m

ご来店に関して、人数制限を設けさせて頂いてる為、完全予約制とさせていただいてますm(__)m
TEL→06-4795-0017
いつもご協力いただき、ありがとうございます!