ダイビングを大阪で始めることができるアズールダイブプロジェクト大阪/梅田店

“get crazy”

BLOG

しげぴぃのウミウシ写真図鑑🎥

みなさん、こんにちは!
本日のブログは重野がお送りいたします✨

最近初めて携帯の容量がいっぱいになってしまいました。。。( ゚Д゚)
色々と要らないものを削除したりと試行錯誤していますが、残したい写真もいっぱいでどうしたらいいの~~~となっております。(笑)

みなさんは容量は何ギガの携帯を使っていますか?
次に携帯を変えるときの参考にさせていただきたいのでぜひ教えてください📲

さて、本日はしげぴぃのウミウシ写真図鑑を紹介していきます!
水中で写真を撮るようになってから重野はウミウシの虜です😌

最近はウミウシの写真を撮って自分なりの図鑑を作ることにハマっています。
まだ写真を撮っていないウミウシを見れるとテンション爆上がりです✨

ウミウシって聞いたことはあるけど、実際なんなのか…
あんまり詳しくは知らないかもという方もいらっしゃると思うのでご紹介していきましょう!

ウミウシって何者!?

ウミウシっていっぱい聞くしいっぱいいるのは知っているけどあれってなんなのか。
簡単に言ってしまうと『軟体動物の仲間』です!
もっと嚙み砕いていうと『貝殻を捨てた巻貝』と言われています。

なので貝の仲間なんだな~~と思っていたらそれでOK(`・ω・´)b

ウミウシは漢字で表すと【海牛】と書くらしい。
海の牛ってどういうこと?って感じですが、
頭の上にある触角が牛の角に似ていることからそう呼ばれているそう。

ウミウシの名前の由来である頭にある触角の紹介
【マダライロウミウシ】

うー--ん、見えんこともないけども!といったところでしょうか。笑

英語では【sea slug】意味は【海のナメクジ】
なかなか直接的な表現で英語って感じ!笑

一括りにウミウシと言っても種類はもう数えきれないほどいっぱいいます!
その種類によって好きな食べ物が違ったり、住んでる場所、時期も違います。

また、同じウミウシで合っても形が違ったり色が違ったり。

なんじゃこりゃー--!となるのがウミウシなのです。
でもこのミステリアスな感じがまた良かったり。( ̄▽ ̄)

そんなウミウシにドはまりしている重野の写真集をぜひ見て行ってください👀
お気に入りの推しウミウシなんて見つけちゃってくださいね✨

色んなウミウシ写真集📷

キイロウミウシ

【キイロウミウシ】
体の周りのひらひらした形が特徴的✨
大きさ15~30mm、大きいものでは9cmまでなるものも!
同じ種類でも個体によって色違いが多かったりします。
ご飯は水中にあるカイメンを食べています。
そのカイメンの種類によって体の色が変わるらしい!( ゚Д゚)

シラユキウミウシ

【シラユキウミウシ】
大きさは最大で2cmぐらい。
白浜でみた写真の個体は1㎝未満の小さな個体でした!
白色にキレイなオレンジがなんとも言えない可愛さを醸し出してきます。。。

ゾウゲイロウミウシ

【ゾウゲイロウミウシ】
どんな名前やねん!と僕は思っていましたが体の色が象牙色(ぞうげいろ)をしているからだそうで。
思っていたよりそのまんまな名前のウミウシでした。( ´艸`)
象牙色って初めて聞いた、、、調べてみたら鈍い白色の事らしい。
僕も初めて知ることがいっぱい✨
大きさは1~2㎝の個体が多いですが、5cmぐらいの少し大きな個体もいますよ!
(食いしん坊なのかな。)

ミアミラウミウシ

【ミアミラウミウシ】
ウミウシの中では大型な種類!
最大で10cmまで成長します✨
大きいし色も鮮やかなので見つけやすいかも👀
また、背中のにこぶのような突起がいくつかあるのも特徴です!(^^)!
ご飯はカイメンがお好きなよう・・・🍚

アオウミウシ

【アオウミウシ】
和歌山ではよく見られます😊
沖縄にはいないので近場ならではのウミウシです(*´▽`*)
鮮やかな青色が特徴的。
1㎝未満の赤ちゃんから2-4㎝まで大きくなった個体も見る事ができます✨
この子もカイメンがお好きなようでこの写真を撮ったときは頭をしっかり思いっきり突っ込んでもくもくご飯を食べていました(かわいいい)

僕のウミウシ図鑑の一部ではありますが、
数種類のウミウシをご紹介をさせていただきました!

他にもここには載せきれないほどのウミウシがいますのでこれから色んなウミウシたちを見つけていきましょう!
自分で見つけれるようになるともっともっとダイビングが楽しくなっていきますよ~~~♪

最後まで読んでいただきありがとうございました( *´艸`)

8月の思い出@かっきー~佐渡島行ってきました編Part3~

こんにちは🌞3日連続投稿のかっきーです◎
佐渡島ツアーのラストです(^^♪


ダイビング、島グルメと佐渡島満喫なまま最終日に。
3日目は観光!ということで行ってきました佐渡金山✨✨✨
金ですよ、ゴールドですよ(よだれ)
入場券からゴールド感が漂います✨

マブイ。


観光ルートは大昔の採掘ルート「宗大夫坑」と近代技術の「道遊坑」。

どっちもじっくり見ていきます。
金が落ちてるかもしれませんからねぇ!!!(欲望)
入ってすぐ思ったことは
「寒いね」
でした(笑) 

冷蔵庫級の寒さです❄


ちなみに中は全て人力でつるはし⛏で掘ったそうな。
江戸時代の人フィジカルつよ。

こちらが昔ルート☟

そして近代ルート☟

やっぱり近代ルートの方が綺麗ですね◎


結局金は落ちてなくてガッカリだったその時、みんなの目に飛び込んできたのが・・・
「インゴット!GETチャレンジ!」

アクリルの中の金のインゴット(延べ棒)を取り出すチャレンジです。
ホンモノの金です✨
知ってました?金の延べ棒1本で12.5kgあるって(笑)
ちなみに1本あたりの価値は約1億円・・・

マッキーさんは腕がもげるまでチャレンジしていました。


出口で食べたソフトクリームにも金がパラパラ~✨✨✨

ここまでせんでも感はありましたがせっかくなので頂きました(笑)


最後は「道遊の割戸(どうゆうのわりと)」を背景に記念撮影📷

山のてっぺんが割れてます。
これ、上から金を掘っていったらいつの間にか山が割れてたらしいです。
欲望で山が割れるんですね、こわい。


そんなこんなで佐渡島ツアーはメインターゲットの「コブダイの弁慶」、
サブターゲットの島グルメ&楽しい観光全てクリアです(*´ω`)
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!

8月の思い出@かっきー~佐渡島行ってきました編Part2~

ここまでこんにちは🌞かっきーです◎
佐渡島ブログの続きです~♪
暴風予報のダイビング当日でしたが、とりあえず港まで行ってみることに🚙
雨も横殴りの土砂降りでしたが実際自分の目で海を見るまで諦めきれません(笑)

安全の事を考えるとさすがに無理かも・・・と思いながら向かっていましたが
なぜか雨が止み、風が弱まり波が止まり・・・奇跡の出航です!

不思議なこともあるもんです(笑)


後から聞いた話ですが佐渡島ダイビングトップシーズンのこの日、
かなりの人数のダイバーが島内に来ていたようですがほとんどのダイバーは出港できなかったようです。
本当に本当にラッキーでした。
港の名前は北小浦(きたこうら)、佐渡島NO,1ポイント「赤岩(あかいわ)」へ行ける港です。
そして向かうポイントは当然「赤岩」!
1本目から出し惜しみナシです!!
「弁慶」に会えますように!!!(^^♪✨
海へエントリー!!!



どんどん深くなっていき~
普通にいますね。弁慶。

なんなら向こうから近づいてきました(笑)
お供え物(エサ)のサザエを殻ごとバキバキ食べてました。🐚

ここまで見ればもうお分かりですよね、弁慶はコブダイ♂のことです🐠


佐渡島近海には立派なコブダイがたくさん?いるようで、
中でもポイント「赤岩」のコブダイが大きくて人馴れしているそうな。
その大きなコブダイについたあだ名が弁慶くんということです。



1本目で早くもメインターゲットの「コブダイの弁慶」クリアです✨
そしていーやんが200本達成!!

おめでとうございます✨✨


2本目はちょっと浅めのポイントでNDLの調整です。
水中に七夕の笹が設置されてました。

しっかり短冊も書かれていて
「たくさんのダイバーがここにお願い事してるんかなぁ」とか思いながらチラッと短冊を見てみました。



「バカがなおりますように」
個性派ですね。



ラストの3本目は沈船へ行ってきました◎
佐渡の沈船めちゃくちゃデカい🚢

しかも2隻一緒に沈んでるのが特徴的🚢🚢


弁慶ほどではないにしても中々のサイズのコブダイがウロウロ・・・

最後はみんなで記念撮影✨🚢

無事当初の予定通り3ボート完了です!


天候の事が不安でしたが何より安全にダイビングできてよかったです(*´ω`)
残すターゲットはあと一つ!
サブターゲットの楽しい観光です✨
次回のブログが佐渡島ツアー最後の記事です。

次回予告いっときますか◎
~♪(アズールのテーマ)~
ナレーション「佐渡島といえば佐渡金山」
「金銀を求めて掘って掘って掘りまくる」
「鉱夫さん達が作った佐渡金山で観光です」
「そんな佐渡島ツアー最終日に事件が・・・!」


次回
「金の延べ棒取り出しチャレンジでマッキーさん(57歳)の腕がもげる」


お楽しみに!

8月の思い出@かっきー~佐渡島行ってきました編Part1~

こんにちは🌞かっきーです◎
今日から3日連続投稿です!
大阪は連日33℃超え・・・暑すぎる💦
そんな中8月19日~21日の2泊3日で新潟県・佐渡島ツアーを開催しました✨
初の佐渡島ツアーだったのでアクセスもダイビングも観光も島グルメも手探り状態・・・
そんな新規開拓ツアーにご参加頂けたのはこちらの方々◎

上段左からねーやん、とくもちゃん、ゴイゴイくん
下段左からみーさん、いーやん、マッキーさんです✨


今回のツアーのメインターゲットは怪魚「弁慶」を見ること!
そしてサブターゲットは楽しい観光と美味しい島グルメです♪
果たして2泊3日の佐渡島ツアーでメイン・サブともにクリアできたのか・・・
一緒に行った気分で読んでみて下さい~(*´ω`)



佐渡島へのアクセスは乗り換えが多く、最後は船移動になるのですが伊丹空港からの乗り継ぎを簡単に説明しますと☟
伊丹空港→新潟空港(飛行機で1時間ほど🛫)→佐渡汽船(タクシーで30分🚙)→佐渡島(フェリーで2時間ほど🚢)
と、こんな感じでございます。
各乗り継ぎに時間がかかるため、結局家から佐渡島までにかかった時間は10時間ほどでした(遠いよぉ)

初日の移動中、空き時間に新潟県本土で観光をしてきました✨
行先は「マリンピア日本海」🐠
新潟県随一の水族館とのことだったので、ダイビング前にお魚の予習がてらに行ってみます🖊

普段会話をしながら魚をじっくり見ることはないので新鮮でしたね( `ー´)ノ


2時間ほどマリンピア日本海で遊びまして、ついに佐渡島行きフェリーの時間です🚢
乗船前に記念撮影📷✨

(いつの間にかお酒買ってるやん)
と撮影時に気づいたのもいい思い出。
船内はカーペットゾーンや談笑ゾーン、さらにペット専用ゾーンまでありました。

さっと船内を一周する中でゲームセンターや種類豊富な食堂もありちょっと感動✨
2時間の船旅はあっという間に終わりまして、ついにお待ちかねの佐渡島上陸です!!
一番最初に思ったことは
「佐渡島寒いな」
でした。気温25℃でした。


レンタカーをGETしてそのままホテルにチェックイン🏠
初日はとりあえずサブターゲットの一つ、島グルメをクリアしに行きましょう♪
お目当ては新潟の美味しいお米から作られる日本酒や海の幸です✨
とりあえずビールで乾杯🍻

(この時だけマスク外しました(笑))
日替わりの刺身盛り合わせや日本酒は舌バカのボクでも美味しいなと感じました(笑)
幸先よくサブターゲットの島グルメはクリアです◎
ノリノリで「翌日のダイビング楽しみですね~✨」
なんて言いながら初日は終わりましたとさ(*´ω`)


2日目と3日目もこの調子でメインターゲットの怪魚「弁慶」とサブターゲットの観光もクリアしたいところです♪
そもそも「弁慶」って魚?となっている方もいるかもですが、正体は次回のブログで発表するとしましょう◎
初日ブログはここまで(^^)/


ブログの最後は次回予告~
~♪(アズールのテーマ)~
ナレーション「ノリノリで佐渡島に上陸したアズール一行」
「幸先よく島グルメにありつけたものの、まだ彼らは肝心なことに気づいていません・・・」

「天気予報が大きく変わって暴風予報だったのです」
「迫りくる暴風を知る由もなく早々に寝るカッキー」
「果たしてダイビングは開催できるのか」
「怪魚「弁慶」をクリアすることはできるのか・・・!」


次回
「潜れたし弁慶も見れた」


お楽しみに!

8月の思い出@かっきー~白浜でイルカ見た編~

こんにちは🌞ありがたいことに強烈に忙しくさせて頂いております。
今覚えたい忍術は多重影分身の術、かっきーです◎
タイトルの通りなんですが、ついにボクの夢でもあった野生のイルカとのご対面を果たしました✨
しかも関西ダイバーの始まりの場所、和歌山県白浜のビーチ(通称マサラタウン)で!!
7年本潜ってやっとです😿


ビーチでのライセンス講習中、水面で待機中に
「なんか視線感じる・・・」
と思いふと足元の水中を覗くと☟

イルカ「よっ✋」
ボク「ヒェッ」
こんないきなり夢って叶うのか(笑)
嬉しいよりもびっくりがコールド勝ちしてました。


その後もボクたちの周りをウロウロ~
若干ちょっかいかけてきたりもして。


いくら嬉しくてもやはり野生。
何が逆鱗に触れるかもわからないのでお触りはNGです✋
イルカとの水中戦は勝ち目0ですもんね(笑)


改めてダイビングの面白さを感じた1日でした。
ダイビング続けてきてよかった(*´ω`)
(やめようと思ったことないけど(笑))

次は何を見れるかな??
そんないつ来るかもわからないラッキーイベントをこれからもダイバーさま方と一緒に迎えていきたいですね(^^♪✨


すでにダイバーの方も、これからの方も、お友達をダイビングに誘っちゃうのもアリですね✨
アズール梅田店で今日もパソコンをカチカチしながらおまちしておりますー!!

お申し込み
最短4日でライセンス取得

29,800

3