ダイビングを大阪で始めることができるアズールダイブプロジェクト大阪/梅田店

“get crazy”

BLOG

🏖沖縄にいってきたよ~~~!!! part①

GOは沖縄にとことん嫌われていた、、、
2020年4月 コロナウイルスの影響により沖縄ツアー中止😭
2021年5月 コロナウイルスの影響により沖縄ツアー中止😭
2022年4月 沖縄ツアー開催!!!
なんと2年越しの沖縄ツアーになってしまいましたが、無事開催することが出来ました😉
これからどんどんリゾートツアーに行くのでご予約どしどしお待ちしております😤
AZUL リゾートツアー 予約フォーム👍


それでは沖縄ツアーレポスタート!!!

眠い目をこすりながら飛行機に乗り込んで




約2時間のフライトを各々の時間過ごしたら




沖縄到着~🏖

今回の沖縄ツアーは初日はダイビングをせず沖縄観光へ
まずは腹ごしらえに

朝から何も食べてなかったのでみんながっつり食べてました😉


そしてみんなで記念撮影📸

この時すでに沖縄の暑さにバテバテ、、、


次に向かったのは沖縄の観光名所アメリカンビレッジへ

この時すでにGOは浮かれて3着もTシャツを購入していました😉


お揃いの服も買い




陸の観光に満足し、お宿にレッツゴー!!!


今回の宿はコチラ!!!

めちゃくちゃ快適に過ごせました😉


ちょっと休憩したら居酒屋へ




明日のダイビングが待ち遠しいな~~~!!!
次回 久々の再開!!! / 沖縄の海に感動!!! の二本立て


☆お友達紹介キャンペーン実施中☆

ご紹介者様には、ファンダイブツアーでご利用いただけるポイントを最大30,000ポイントプレゼント!
詳しくはスタッフまで、お気軽にお問い合わせください(*´ω`)


名残惜しい西表・・

いよいよ西表ツアーれぽもラストです。


これまでのおさらい
↓ ↓
西表れぽ①
西表れぽ②


3日目のダイビングを迎えるにあたって皆さん気合十分!ダイビング前のストレッチも入念に行い、いざ出港!





海に潜る前には、現地ガイドの川尻さんより丁寧なブリーフィングタイムがあるのですが


「この魚のココに注目すべし☆」という
じっくり見なければホンマにわからんマニアックな内容(このときは、なんらかのスズメダイのしっぽの先が二股にわかれているという特殊特徴について)
しかし、この陸上での丁寧な説明と、お目当ての魚の紹介がお見事で、どんなもマニアックな内容でも、皆さんしっかり目と記憶に焼き付けて帰って来れるのです!!やー、私も勉強になります!
ほんで絵も毎度かわいいこと!


1本目
ダイビングポイント:鳩間南


見事なテーブルサンゴの群生が広がるダイビングポイントです。
ここは一度、オニヒトデの被害にあい、この界隈のサンゴはすべて全滅したそうです。
しかし賢明なオニヒトデの駆除とサンゴ再生活動により、10年の時を経てここまで復活したそうなんです!!


その説明を聞いてから見るサンゴは、とってもけなげに強く生きてるように見えました。



サンゴは、海に生きる生物の住み家にもなるので、生態系を司る大事な存在なんですよね。


ダイバーはいつだって「おじゃまします」の気持ちを忘れずに。




また10年後、20年後、西表の海に遊びに来たときには、何倍にも成長したサンゴであってほしいですね!


そんなことをしみじみ思いながら
西表ラストダイブ!
3本目
ダイビングポイント:ハトバナレ大仏



西表屈指のカメポイント。
さっそく、岩陰に頭をツッこんでるウミガメ登場!


みなさんに「頭つっこんでる」ところを見られているウミガメ。
何してたんでしょうか。


そんなウミガメの顔をどうぞ。

「みんといてや・・」「ほっといてくれ」
そんな声が聞こえてきそうな顔ですが、どうなんでしょうね。


更に進むと、でーーっかい大仏サンゴ出現!!集合体恐怖症の人にはよくないかもしれませんが、見事な大きさですよ!!

そしてお気づきでしょうか?
この大仏サンゴの手前にウミガメが!!


「鎮座」という言葉がふさわしい。

このサンゴを見たくばワシを通せ、みたいな感じで門番してました。


皆さんがウミガメを見ている様子を上から。




ダイビングでお会いするアオウミガメの中では、わりかしデカいほうでした!


おぐりんとウミガメが、やたらと見つめ合ってました。




↑お気に入りの一枚です。


今回のツアーでは「ぴかりゃ~ポーズする」というテーマがありました。
ぴかりゃ~はこの界隈のご当地キャラで、簡単に言ってネコです。

黄色いスーツの左横、日焼け対策100%のバーバーさんが手にするネコ。





最初にこのポーズしたときは、まだ皆さんの「ぴかりゃ~ポーズ」はおぼつきませんでしたが・・



練習すればね、できるようになるんです。

お世話になったダイビングサービス「スマイルフィッシュ」さん前にて!


ダイビング後、石垣へ・・上原港にて船を待つ。ちょっと寂しくなる時間です。


あの船に乗って、石垣へ帰るのね。
切なさMAX!


たのしい時間は、本当にあっという間でした。
ご参加いただいた
おぐりん・しまさん・ひろちゃん・バーバーさん



4日間、ありがとうございました!





次回また、ご一緒させて頂く日を楽しみにしております♡♡


ここは竜宮城か?西表島ツアーれぽ!

こんにちは大庭です!
今日も西表のアレコレ、聞いてくださいー!!
昨日のブログがコチラ→西表島ツアーれぽ①


クロミスヘブンの後、お昼休憩をはさみ
希望者のみ3本目のダイビングへいくことに!


3本目
ダイビングポイント:バラス東
バラスとは、干潮時にのみ現れる幻の島で、めっちゃ狭い小さな砂の島。
そこの東に位置するダイビングポイントに潜ったのです。


お出迎えしてくれたのがキンギョハナダイ&アカネハナゴイの「これでもかッ」てくらいの群れ・・・


撮り甲斐のある景色に、マスク越しでもわかる嶋さんの嬉しそうな顔。
私もうれしいやんー!!



青い海に、このオレンジやら赤はもう・・反則級の映えです・・・


2本目のクロミスヘブンで、これ以上の優雅な群れには出逢わないだろうという満足感でダイビングしたばっかなのに
3本目であっさり上回るという・・・なんだこれ・・・



キレイな色だねぇ・・



夫婦かなぁ・・



可愛いねぇ・・


浦島太郎が来たのってここではないでしょうか・・まさに竜宮城。

バーバーさんも嬉しそう。
なんてったって竜宮城の景色だもの!!!!


そんでね・・
大庭調べですが、この「追加ダイビング」って、高確率でいいことが起こる気がするんですよ。
この竜宮城だけでも充分すぎるダイビングなのですが、帰り道にソイツは現れました。



ピンクの群れの向こうに・・


こいつは・・・



バラクーダ!!

聞いてない聞いてない!
潜る前、こんなんおるって聞いてない!!!!!!
全員おったまげですよ!!!!!!


でかいのなんの!!!

如何に大きいか、このバラクーダとダイバーが並んでる写真でも撮りたかったですが
でかすぎて不気味すぎて誰も近づかんっていう。めっちゃ拡大して撮りました。


バラクーダはオニカマスの英名で大きいもので全長180cm。
まじでそれくらいあったんちゃうかな・・


気性が荒いので、近づかなくて正解でした。


ダイビングも終盤、そろそろ船に上がるか・・とゆっくり船へと移動していて
最後に後ろを振り返ったら、バラクーダ・・ジワジワついてきてました・・

こんとってよ・・と思いつつ


西表島のダイビングはもう感動と感激と衝撃と、お腹いっぱい胸いっぱいダイビングでした。
竜宮城にバラクーダっておったんやろか・・


すばらしい竜宮城とバラクーダ動画
特に竜宮城!!是非見てください!
第2弾!→梅田店Instagram


~つづく~

極楽浄土♡西表ツアーれぽ!

こんにちは大庭です!行ってきましたー!
実に4年ぶりの西表っ(=゚ω゚)ノ
海の恵みをめいっぱいチャージしてきて、海の話聞いて聞いて欲が爆発してます٩( ''ω'' )و



旅の思い出を
順を追ってブログにて綴ります(*´▽`*)
お仕事や家事など、頑張ってる皆さんに、少しでも旅気分を味わっていたければ嬉しいです!

メンバーは、おぐりん・しまさん・ひろちゃん・バーバーさん!


まずは伊丹空港→那覇空港へ。


おぐりんのカバンからおもむろに出てくるデコポン。

想像以上においしかったのでもうちょっと食べたかったですね、このデコポン!
おぐりん、次回もデコポンお願いします(*´ω`)


那覇→石垣空港到着ー!
ちょうどお昼時だったので、空港でお昼ご飯!
さすが大人の皆さん、大人の楽しみ方を知り尽くしてます。
お昼から飲んじゃうもんねー!

カンパイ!


石垣空港→直行便のバスに揺られること30分、石垣港に到着です(=゚ω゚)ノ
具志堅用高の像前で集合写真!

これはもう恒例行事ですよ。


港から高速船で西表島へ!船の中には椅子がいっぱいあるんですよ。



朝の7:50に空港に集合してから、西表島に到着したのが17:00!
1日がかりの大移動です!


港から宿泊先へ。
宿の敷地内には、ブーゲンビリアや月桃花、ハイビスカスなどのお花がいっぱい咲いていて、あったかいリゾート地ならではの雰囲気で満たされています☆





翌日からはダイビング(*´ω`)
1本目
ダイビングポイント:インダビシ西
チェックダイブのポイントにて!

グルクンの群れやチンアナゴがお出迎え!





サンゴには色んなお魚が住み着いており、なかでもキンギョハナダイの赤ちゃんがとってもかわいかったです(*´ω`)

まぶたの紫のアイシャドウがキュート(*'ω'*)


2本目
ダイビングポイント:クロミスヘブン

皆が夢中になって見ているのは・・



カクレクマノミ!


近所のサンゴには、ユラユラ泳ぐド派手なテングカワハギ。





ちょっとだけ移動をし、色とりどりのサンゴ広がる場所へ!




ここがまさにクロミスヘブンと言われる所以。
クロミスとは「スズメダイ」の学名。
このポイントには、ありとあらゆるスズメダイたちが何万匹もいる天国のようなダイビングスポットなのです!


静止画なのが悔しいほどの、広範囲にわたるアオバスズメダイの、群れ!




2万~3万にもなるクロミス達の優雅に泳ぐ様。
何もかも、時間さえも忘れて夢中になるとはまさにこのこと。


お店のInstagramに、クロミスヘブンのヘブンな動画をアップしてます!
是非!是非見てください!→梅田店Instagram


しかし我々ダイバーはタンクの空気を気にせばならぬ人間。
触れたらたちまち折れてしまいそうなサンゴに気を使い、船へ。



船に上がる直前に、なんかのクマノミを皆さんが見ている時に、私たちの周りをゆっくりウロウロする不審なサカナがいました。
ヤバい顔してます。



この時は「なんか変な顔の魚がノロノロおるな」と思い、何気なく写真に収めてただけでしたが



後になってお客様から
「そういえば、なんかまつ毛ある魚がおった」「いてた、いてた!」「あれずーっと近くにおった!」
と、その場では紹介こそされずド無視されてた魚でしたが、実は皆が気にしてたようで。
まつ毛、なるほど!


こいつの正体はヤシャベラです。夜叉っぽいのが由来です。天国の後の夜叉。


~つづく!~


与那国島にいってきました◎

今回はツアーレポです✨
こんにちは🌞かっきーです◎
3月17日~20日の4日間で与那国島へ行ってきました(^^♪
与那国島ってどこ??
与那国島でのダイビングってどんなの??
そんな疑問を思い出とともに解説していきます◎
目次与那国島へのアクセス
宿泊先等での注意事項
与那国島でのダイビング
ダイビングの説明
与那国島での観光


与那国島へのアクセス

与那国島,ダイビング
今回は関西空港から与那国島へのアクセスです(^^♪
関西空港→石垣空港→与那国島という全て飛行機での乗り継ぎでした🛫
なんや、簡単やん。
と思いきや旅の試練はいつでも待ち構えているもんです。
石垣空港から与那国島行き便のチェックイン時JALのお姉さんから衝撃の一言が。
「天気悪いのでここ(石垣空港)へ引き返すかもです♪」
なぬ!そんな馬鹿な・・・!!
飛行機が引き返すほどの強風は吹いていないはず・・・
色々話を聞いているとプロペラ機ならではの離陸後の石垣空港引き返し案件を発生することを知りました( ゚Д゚)

プロペラ機ならではの理由

空高くを飛行するジェット機とは違い、石垣空港~与那国島の航空便はプロペラ機になります。
40分ほどという比較的短距離の離着陸ではコスパに優れているようですが、
大型のジェット機に比べると積める燃料も少なくなり何度も着陸を試みるような延長飛行が難しいようです。
よって着陸時に与那国島が雨による悪天候の場合は引き返す場合があるようです。

そんな緊張感がハンパない状況でしたが意外と普通に無事着陸💨
与那国島ツアー最大の山場といっても過言ではなかったですね(笑)


宿泊先等での注意事項

与那国島,ダイビング
与那国島に限ったことではありませんが離島と呼ばれる場所では特にボクが気を付けていること、それは
「郷に入っては郷に従え」ということです。
普段の便利な現代機器の扱いに慣れている場合は特にですね(笑)
宿泊代金のお支払い方法は事前に確認しておくべきです。
(確認しようにも電話が繋がらないなんてこともよくあります、その場合は現金を用意しましょう)
接客態度なんかも自分の常識を捨てます。待てと言われたら待つ、無理と言われたら諦める。
大きなホテルならまだしも、島の方々の生活圏内で数日間お世話になるわけですからくれぐれも「ボクは客だぞ!」なんて態度で接しない様に気をつけましょう。


与那国島でのダイビング

与那国島,ダイビング
透明度が極めて高い海域です✨
中級者、上級者ダイバーさん向けのポイントが多いですね(^^♪
自分は今中級者?上級者?という疑問もあるかと思いますが、フリー潜降と中性浮力は必須スキルです◎
3月はまだギリギリ旬の最中だったので名物ポイントへも行けました(*´ω`)


①海底遺跡

与那国島,ダイビング
与那国島といえば!!の代名詞です✨
巨大な遺跡は現在も調査中・・・
人工物なのか自然が造り上げたものなのか。
実際に自分の目で見た感想は「大岩の風化だけでこんな形になるかな?ほんまに遺跡かも」と思えました( ゚Д゚)
やっぱり雑誌の写真だけではわかりませんね!
自分の目で見るのが一番です◎

②ハンマーヘッドシャークの群れ

与那国島,ダイビング
与那国島といえば!!!の代名詞です✨(2回目)
今回のツアーの本命もコチラ🦈
何本潜っても出ない時は出ないし、1発目で大当たりを引くこともあるし。
まさにギャンブルです(笑)
そんな与那国島でのハンマーヘッドシャーク探しダイビングの流れを紹介します◎

ダイビングの説明

使用する船は魚群探知機付きのクルーザーです🚢
船長はメインとなるポイント付近で魚群を探します🐠🐠🐠
魚群の信号をキャッチ次第即エントリーとなるので、ダイバーの準備完了状態(完全装着)までの素早さと正確さも勝負を左右します。
しばらくすれば魚群反応をキャッチしてくださるので、ガイドの合図とともに全員エントリー!
与那国島,ダイビング
(探知機あるなら絶対ハンマー見れるやん)と思うかもしれませんが、全然そんなことはありません。
あくまでも魚群探知機なので、魚群の反応がハンマーヘッドシャークなのかそれとも別の魚の群れなのかは海の中に入ってみないとわからないのです。
それでも高確率でハンマーヘッドシャークを当てる船長は本当にその道のプロですね、脱帽です🎩💦
エントリー後は透明度が40mあっても底が見えない海域で、水深18mくらいをキープしながらガイドを先頭にハンマーヘッドシャークを探します。
与那国島,ダイビング
視界がずーっと青一色です。ダイブコンピューターや水深計がないと絶対に浅深の感覚が狂います。
その後ハンマーヘッドシャークを発見次第さらに潜降、水深40m手前までいくこともしばしば( ゚Д゚)
必ず注意しなければならないのが水深管理とNDL管理です。
この二つができないとかなり危険なダイビングになるので普段のダイビングからNDL管理は意識し続けましょう◎
NDL管理については以下の記事参照です♪☟
NDL管理とは

今回のツアーでは見事ハンマーヘッドシャークの群れを見ることができました✨
強運だけを持っていてもまともにダイビングをすることはできず、
ダイビングスキルを極めても最後は運次第。
与那国島でのダイビングがいかに難しく、奥深いものなのかを実感しました。
そりゃ毎年恒例になるよね!と思いましたね(^^)/

与那国島での観光

与那国島,ダイビング
そこまで広くない島と言えど歩いて回れるほど狭くありませんし、自転車もキツイはず。アップダウンが結構あります。
レンタカーが絶対オススメです🚙
数ある観光スポットでも一番有名なのがここ。
与那国島,ダイビング
「志木那島診療所」そう、ここがかの有名なドラマ「Dr.コトー診療所」の聖地です。
撮影セットがそのままあり、中にも入れます◎(入場料200円だったかな)
与那国島,ダイビング
でもあんまりガチャガチャ触らないように気をつけましょう(^^)/
理由は色々とありますが、気になる方はご連絡くださいね(笑)


4日間の3割くらいが飛行機を待つ時間でしたが、すごく充実したツアーとなりました。
また来年ぜひ行きたいですね!!
ご参加いただいたダイバー様方に感謝感謝です。
ありがとうございました!!
お申し込み
最短4日でライセンス取得

29,800

7