皆さんこんばんは☆ちゃきです☆








私たちがいつも行っている和歌山の海には








たーくさんの生き物たちが暮らしています♪








お馴染みのお魚から見たこともないようなお魚。








はたまた不思議なお魚など様々です!








そこで海の生き物のご紹介Part2☆をしたいと思います(^_-)-☆








今日ご紹介する生き物は「イバラカンザシ」 。








別名「クリスマスツリー・ワーム」とも言われています♪








すごいロマンチックな名前ですよね( *´艸`)♪


















一見、植物かと思いますがゴカイの仲間で








立派な生き物なんです!!そう。虫なんです。








ツンツンするとひゅっと体を引っ込めてしまう








とっても恥ずかしがり屋さん!!








白浜で見かけるとモグラ叩きみたいな感覚で遊んでしまいます。笑


















イバラカンザシはとても色とりどりでまさに南国にいるかのような








世界を演出してくれます( *´艸`)♪






イバラカンザシはサンゴとすごい仲良しで








サンゴの骨格の隙間などに生息していて








サンゴを食べてしまうオニヒトデからサンゴを守ってくれます!








オニヒトデはイバラカンザシの多く住んでいる所は








すごく嫌う傾向があることが観察されているみたいです☆








そして悲しい話ではありますが、








イバラカンザシが死んでしまって出来た穴には








コケギンポやカンザシヤドカリなどの生き物たちが住み着くこともあり








自然界は弱肉強食でもありますが、持ちつ持たれつの関係でもあります。


















イバラカンザシはなんとすごい長生きで20歳ぐらいまで生きるそうです!








人間でいうと成人です!立派な大人ですね☆








沖縄では推定40歳のイバラカンザシも発見されたとか…








こんなキレイで楽しい生き物が近場、和歌山でも見れるんです♪








皆さんも海に行った時は探してみてください(*'ω'*)


















ご存知ですか!? 旅行事業部があるんですよ!
そうだどっか行こう!
そんなときはアズールトリップへ?
国内・海外おまかせ下さい!ココを↓ポチっと!




https://www.azu-l.com/trip/