今日の【🐵GOのダイビング道場🐵】は前回からの続きフリー潜行編です(^^♪


目次

 

・フリー潜降の手順

・フリー潜降の姿勢

・まとめ



フリー潜降の手順



キレイな海で5人のダイバーが優雅に泳いでいる


ざっくりとした、フリー潜行の手順はコチラ↓
①水面 BCDの空気を排気する。
②水中 BCDに吸気を行い、潜降スピードを落とし耳抜きをする。
③水底 フィン先から着底。


フリー潜行で大切なのは【BCDの操作】です!
空気を入れすぎると浮いてしまうし、入れなさすぎると潜降スピードが速くなりすぎてしまう。
その為ちょうどいい浮力調整が肝心なんですね!!!


フリー潜降の姿勢



5人のダイバーがキレイな海で潜降している


フリー潜行の姿勢はロープ潜降の時とほとんど変わりません。
着底するポイントへ目線をあて、ゆっくりと潜降していきます。
注意してほしいポイントは【潜降スピード】です!
中性浮力を取りながら潜降できていないと耳が痛くなるリスクもあるのでやはり【BCDの操作】が重要になってきます!


まとめ



水中に太陽の光が差し光の柱が出来ている。


実は潜降がスムーズにできるかでダイビングができる場所は変わってきます!
ボートダイビングでは基本的に【ロープ潜降】が主流ではありますが、中には【フリー潜降】で着底することもあります。
※中・上級者向けのダイビングポイントはフリー潜降が必須のポイントもあります!
両方の潜降方法をマスターすることで行きたい場所・見たい生き物に会える可能性はぐっとあがります(^^)/
例えば、ダイバー人気の高い生き物


ハンマーヘッドシャークが優雅に泳いでいる




ハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)
この生き物が見れるダイビングポイントで有名なのが【神子元】
夏の【神子元】・冬の【与那国】と言われるぐらいハンマーヘッドシャークの群れが見れることで有名なダイビングポイントです!
【神子元】で潜るためには【フリー潜降】が必須です!
なぜならドリフトダイビングというダイビングスタイルになるので、そもそもアンカーを打って船を停留させないのです。
※ドリフトダイビングについては後日GOのダイビング道場で紹介します!よかったら自分でも調べて見てね(^^♪
ダイビングスキルが上達することでイメージ通りのダイビングができること間違いなし!


潜降の練習がしたい方へ

 



ダイビング専用POOLで1人のダイバーが泳いでいる


一番は海で練習することがオススメです!しかし、中々休みが取りづらかったりする方もいらっしゃるのでそういう方にはPOOLで練習をオススメします(^^)/
波もなく安全な場所で練習できるのでダイビング始めたての方にもオススメです😎
POOLで練習希望の方は↓
・AZUL梅田店 06-4795-0017
・AZUL公式LINE
にご連絡ください(^^)/
ダイビングスキルを向上させてイメージ通りのダイビングができるようにしましょう(^^)v


AZULのYouTubeにも潜降のデモンストレーションがあがってるのでぜひご覧ください😄
AZUL YouTubeチャンネル


皆様に安心してご来店いただくために★
ご入店前の手洗い・うがい・消毒・検温にご協力いただいておりますm(__)m

ご来店に関して、人数制限を設けさせて頂いてる為、完全予約制とさせていただいてますm(__)m
??→06-4795-0017
店内は換気をしております!



お友達紹介キャンペーン実施中!!!

・ダイビングをやってみたい!!!
・趣味をつくりたい!!!
・共通の趣味の友達が欲しい!!!
というお友達はいませんか???
もしダイビングに興味があるよーという方がいましたらお気軽にご連絡ください!!!