こんにちは大庭です(=゚ω゚)ノ
寒くなってきて、いよいよダイビングもドライスーツに衣替えですよー!


これからの時期、ドライスーツで快適にダイビングするために☆
ドライスーツを着るまでのお手入れ・保管方法について紹介します!


撮影にご協力いただいたのは、マルコちゃん!
女性がダイビング用のスーツを広げて手に持って微笑んでいる。


 

まず・・ドライスーツは、背面にファスナーが付いてます!

ここをガバっと広げて、スーツを着るのです。
ただ、防水のファスナーなのでこれがカタいこと・・
スムーズにファスナーを開閉するために、必要なお手入れ。


まずは

①ロウ(専用ワックス)を塗ろう

テーブルにうつぶせに置かれたダイビング用スーツの背中のファスナーが見えやすいように女性がスーツを紹介している。


ドライスーツ購入時に、付属でロウがついてきます!




ロウを取り出して、ドライスーツのファスナーに塗りましょう!
ロウソクの白いカスがポロポロでますが、それでオッケー(=゚ω゚)ノ
ダイビング用のスーツのファスナーに潤滑油のロウを塗っている。


そして忘れてはならないのが、ファスナーの終着点!(って言い方で合ってるんか否か。)

ファスナーをちょっと空けて、終着点のところもロウの塗り漏れが無いように!



この「ファスナーにロウ」は、カタいドライスーツのファスナーの滑りを良くします!


お手入れのタイミングは
◎ドライスーツ使用日の前日付近
◎ドライスーツ着用前
このどちらかにしましょう!


×ドライスーツ使用後
アカンです。次の使用が未定の場合は、塗ったロウの意味がなくなっちゃいます。
そんでカビが生えます。


ドライスーツの開け閉めは、持ち主だけじゃなく、バディも行います!
力の弱いバディが開け閉めする際、カタいファスナーだと、なかなか開閉できません・・
そして無理に力が加わると、ファスナーを傷める原因にもなりかねません。


ドライスーツの為にも、バディの為にも、欠かせないお手入れです!


続きまして

●ドライスーツの保管について




①専用のハンガーで吊るしましょう!

ウェットスーツも同様ですが、折りたたんでのスーツの保管はダメです。
理由:スーツの生地の折れ目から、スーツが持つ浮力はぺちゃんこになり「浮力と保温力」の機能が失われてしまいます。
ダイビング用スーツの存在の意味が!!悲しいことにジワジワ消滅してしまうのです。


そして吊るして保管する際、ハンガーの向きが要注意です。


ハンガーの出っ張り=前!



スーツの前面と、ハンガーの出っ張りは前。

「ノドボトケは前!」って覚えとくといいですね!


このハンガー、分解と組み立てが出来るので注意事項。

↑このように、ハンガーはバラバラになります。


※ハンガーは組み立てた状態でファスナーから入れましょう。




×やっちゃダメな組み立て方


これ、ダメです!
ドライスーツの首のゴムを巻き込んで、スーツの首に穴が空いてしまう可能性大!
水没する未来が待ってます。


●その他の準備

ドライホースはついてますか?

自宅にて器材保管の皆さま。レギュレーターのホースの本数を数えてみましょう!


4本ですか?



はいアウトォォ٩( ''ω'' )و


ドライスーツを購入すると、「ドライホース」も一緒にくっついてきます。



ドライスーツのシーズンは、レギュレーターのホースは
5本です。

もし、お持ちのレギュレーターに、自分のドライホースが付いてない場合は、アズールスタッフまでご連絡ください!
海に行った際も、現地で器具を借りて取り付けも可能ですが、バタついてしまったりする可能性があるので、事前に取り付けは済ませておきましょう☆


そんなわけでまとめ
①ロウを塗ろう
②ハンガーに吊るして保管
③ハンガーは組み立てた状態でファスナーから入れよう
④レギュにホースは5本付いてますか


他にもスーツに関する記事はこちら
◎スーツの切り替え時期について
◎ダイビングの時の荷物
◎ドライスーツのインナー


ドライスーツは冬限定ではなく、水温の低い時期が対象なので6月頃まで使用シーズンは続きます!
保管方法や、毎回のファスナーをきちんとお手入れして、快適なドライスーツに育てていきましょう★