ダイビングを大阪で始めることができるアズールダイブプロジェクト大阪/梅田店

ダイビングライセンスニュース

DIVING LICENSE NEWS

ダイビングのスキルについて~レギュレータースキル編~

こんにちは!
今回はダイビングの講習で行うスキルについて、カワモがお送りします😊

初級のライセンスで行う、ダイビングスキルはどんな事をするの❓という質問をよく受けます👍
今回はレギュレーターシリーズのスキルを紹介していこうと思います👍

○レギュレータークリア


1番最初に行うスキルは、レギュレータークリアと言って、
レギュレーター(呼吸源)を離して、もう一度口に咥え直して、呼吸を再開するというスキルです👍


〇なぜこのスキルを行うのか❓


レギュレーターを咥え続けていると、口が乾燥したり、口が疲れてきたりした時に、わざとレギュレーターを取って咥え直します。
レギュレーターを一度口から外すと、海水がレギュレーターの中に入るので、もう一度口に入れて吸う時に海水が口の中に入ってしまって、海水を飲んでしまうので、
レギュレーター内に入ってしまった海水を出してあげないといけないです(>_<)


〇海水の出し方が、ふたつあります👌

一つ目は、パージ。
レギュレーターのセカンドステージについているボタン(パージボタン)を押すと、レギュレーター内のものが、外に出されます。

なので、レギュレーターを咥え直して、呼吸を再開する前に、パージボタンをワンプッシュ。
すると、呼吸すると水ではなく空気がしっかり出てきます👍

レギュレータークリア(パージ)のコツは、パージボタンを押し過ぎない事です❕️
パージボタンを押しすぎると、いっぱい泡が出るので、その泡の勢いでマスクがずれたりします(>_<)
なので、ワンプッシュで全然大丈夫です👌

二つ目は、ブレス。
これのスキルは、パージボタンが壊れてしまった時の対処方です。
パージボタンが壊れてしまうと、水が抜けなくなります💦その際はブレスで水を抜きます😤

レギュレーターを外して、咥え直して、そのレギュレーターの中に息を吹き込むと水が抜けます👏
コツはしっかり息をレギュレーター内に吹き込む事です🌞

レギュレーターリカバリー



続きまして、レギュレータースキルシリーズ。リカバリー編。

このスキルはレギュレーターが水中で外れてしまった際に行うスキルです👌
水中でレギュレーターが取れてしまったら、呼吸が出来ません(>_<)
なので、取れたレギュレーターをすぐに取りつけないと苦しくなります💦



〇レギュレーターの取り直し方は2つあります❕❕️


一つ目は、右肩。

ダイビング器材を背負って右手だけ前ならえしている画像。
レギュレーターは右側にあります。
なので、右肩を下げるとレギュレーターが出てきます👍
ダイビング器材を背負って、右手で右太ももを触っている画像。
ダイビング器材を背負って両手でタンクを持ち上げている画像。
ダイビング器材を背負って、左手で右肩を触っている画像。
そのまま、自分の太もも→おしり→タンクの底の順でぐるりと大きく手を回して、レギュレーターを右肩にかけてあげましょう。
そのまま左手で、自分の右肩を触るとレギュレーターのホースを触れます👌
ダイビング器材を背負って右肩から出ているレギュレーターを左手で掴まえている画像。
ダイビング器材を装着したまま、レギュレーターのセカンドステージを右手で顔の前で持っている画像。
そのままレギュレーターを口に咥えて、レギュレータークリア(パージ)をしてください🙌
呼吸が再開出来たら、レギュレーターリカバリー完了です!!️
コツは、大きく手を回すです👍



二つ目は、ファースト。

ファーストというスキルは、レギュレーターを右肩で回収できなかった際に使うリカバリー方法です(^_^)/
タンクの根元にレギュレーターがつながっています👍
なので、右肩をしてレギュレーターが見つからなかった場合は、直接根元を触ってレギュレーターを見つけてきます🙌
このスキルがファーストです。
レギュレーターの根元の部分を「ファーストステージ」といいます。なので、スキル名もファーストとなりました。
しゃがんだ状態で、ダイビング器材を背負ったままタンクの下の部分を両手で押し上げている画像。
ファーストの手順は、まずは呼吸を整えて、両手でタンクをおんぶする感じで上にあげます。
しゃがんだ状態で、左手でタンクの底を支えたまま、右手でファーストステージを触っている画像。
そのあとに、左手はタンクを支えたまま、右手で根元を触って、レギュレーターを見つけます(^^)/
しゃがんだ状態で、左手はタンクの底を支えたまま、右手でレギュレーターホースをつかんでいる画像。
ダイビング器材を背負ったまま、膝立ちの状態でレギュレーターのセカンドステージを持っている画像。
そのままレギュレーターを口にくわえて、クリアしてから呼吸が再開できればOKです◎


以上、ダイビングスキルのレギュレーター編でした👏
次回はみんなが苦手とするマスクのスキル編。お楽しみに(^O^)/

ボートダイビングの不安を解消✨

こんにちは!
本日のライセンスニュースは重野が担当致します😊

どうか、最後までお付き合いの程よろしくお願い致します!!

うー--ん、今日は何について書こうかなぁと頭を抱えていたところ、急に天から舞い降りてきました!
ボートダイビングについて書こう!!!✊

最近ボートダイビングの講習を担当させて頂く事が多く、ブリーフィングで沢山ボートダイビングの手順をお話させていただきますがその前にこう言った記事があれば緊張も不安も少しは解消されるのでは!

ということで本日のテーマは『ボートダイビング』について!


ボートダイビングの不安を解消:準備編


ボートダイビングは出港してから『忘れ物をした!!』となったらとても大変です。
そうならないように準備はしっかりと行いましょう😊

また、ボートダイビングには基本的にボートの出港時間が決まっているのでその時間に間に合うように余裕をもって準備することも大切です✊

ボートダイビングに行くときにはまず器材をひとまとめにして車で桟橋まで運んでくれるところが多いです!
ビーチダイビングのように器材を担いだ状態で歩く事が無いのでとても楽ちん♪

そして、この器材をひとまとめにすることを『ボートモード』と呼んでいます👂


ボートダイビング準備編① 器材をボートモードに準備をしよう!


ボートモードの手順は簡単です😊


①BCDの中にレギュレーターを抱え込ませるようにおく


ボートダイビングの準備、ボートモードの手順1

②その上に軽器材素敵ダイバーセットをぽんっ

(素敵ダイバーセット:フィンにマスクを通してひとまとめにしたもの)

ボートダイビングの準備、ボートモードの手順2


③BCDのバックルをしめて準備完了!


ボートダイビングの準備、ボートモードの手順3

たったこれだけです✨
ここでの注意点⚠ ①ウエイトは準備してウエイトポケットにいれておきましょう

②グローブやフードなどの小物は器材の移動中に落ちる可能性があるのでBCDのポケットに入れておくのがベスト!
※しっかりチャックは閉めておくのがおすすめ。

ボートダイビングの準備、ボートモードの手順。グローブをBCDのポケットに入れている様子

ここで忘れ物をしてしまうと大変なのでしっかりと全部器材があるかをしっかり確認してください✨
ボートモードができたら!指定された車や台車に乗せていきましょう✊

乗せるときはしっかり端っこから順番に!
みんなの器材が乗るように詰めて置いていくようにしてください!
これぞ素敵ダイバー!


ボートダイビング準備編② ブリーフィングをしっかり聞こう👂


ダイビングに行く前には必ずブリーフィングという説明があります😊
今日のダイビングではどんなことをするのか、どんなところに行くのか!

色んな説明や注意点が伝えられるのでしっかり聞いておきましょう✊

ボートダイビング前にブリーフィングを真剣に聞いている様子


ボートダイビング準備編③ スーツを着ていこう!


個人的には水分補給をお手洗いを済ませてからスーツを着る事をおすすめします(*´▽`*)

寒かったり、雨が降っていたりするなら上までしっかり着ちゃいましょう!
大丈夫そうなら腰まででOK✨

スーツが着られたらボート乗り場にてくてく歩いていきます👟

スーツを腰まで着て、ボート乗り場に向かって歩いている様子。

この時に絶対忘れちゃダメなもの!!!
『ダイブコンピューター⌚』

結構忘れがちになるのでしっかり持って行きましょうね!
もし忘れたら…ボート乗り場から猛ダッシュなんてはめになりますよ…


ボートダイビング準備編④ 器材をセッティングしよう!


船の近くまできたら自分の器材を見つけてチームのみんなで固まってセッティングをしましょう✊
他にも同じ船に乗る方もいらっしゃるので譲り合いの精神でセッティングをしていきます😊
セッティングの仕方はカワモさんブログをぜひご覧ください💻
(題名をクリックするとカワモさんブログにビューン🛬)

◎セッティングの仕方~前半~◎◎セッティングの仕方~後半~◎
ダイビング器材がセッティングされている様子


ボートダイビング準備編⑤ ボートに器材を乗せて乗り込もう🚢


器材のセッティングを終えたらボートに器材を運んでいきましょう!
このときに軽器材までまとめて運ぼうとするのはNG✕

気付いた時には船と桟橋の隙間に軽器材がドボン💦
なんてこともありえますので軽器材と重器材は分けて運ぶようにしましょう✨

船の上での器材の置き方はその時に乗る船によっても違います。
このようにダイビング専用ボートでタンクを立てたままの状態でおいておける船もあります!

ボートダイビングで器材を立てた状態でおいている様子

でもこの立てておける場所にも限りがあります。。
そうなったときには!
器材は必ず寝かしておきましょう。

ダイビング器材を寝かせて置いている様子

船はいくら穏やかな海であっても多少は揺れます。
そんな時にダイビング器材がそこら中で倒れると足の上に倒れて来て怪我をしたり、器材が故障してしまったりする可能性が出てきます。

そんなことにならないように基本的にダイビング器材は倒しておく!
というのを覚えておいてくださいね✊

ダイビング器材を倒したらその自分の器材の上に軽器材を置いておくようにしましょう。

ボートダイビングでダイビング器材を倒して置きその上に軽器材を置いている様子


ボートダイビング準備編Last! ボートが出港する前にやっておくと良いこと


ボートが出港してから色々としようとするとボートの揺れで船酔いをしてしまうケースも少なくはありません。よって、全部できる事は済ませておきましょう✨

○マスクの曇り止めを塗っておく

○ウエイトベルトの方はベルトを腰に巻いておく

○スーツは全部着用しておく

○グローブまで装着しておくと便利!


全て準備が完了したらいざ、出港🚢


ボートダビングの不安を解消:ボート上編🚢



ボート上での注意点 できるだけ船尾で待機しよう!


船の名称説明。進行方向の船の先端は船首。船の後方は船尾

上の写真の通り、進行方向の船の先端は『船首』
船の後方のことを『船尾』と言います。

船に乗っている間は出来るだけ船尾で待機をしましょう。

何故かというと、船首の方は海上で波を乗り越えて走行するため、船首の方が揺れが大きく感じられるからです。揺れているとこれまたボートダイビングの大敵、船酔いしてしまう可能性が高くなります。

船に乗っているときは、揺れの少ない船尾で遠くを眺めておきましょう👀
船酔いが心配な方は下記記事をぜひご覧ください✨
『ダイビングの気になるを解説◎~船酔いと波酔い予防~』

ポイントに着いたらボートからエントリーしてダイビングを思い切り楽しみましょう✨
また今度、ボートダイビングの水中編は書こうと思います(*´▽`*)

なにか心配なことや不安なことがあればお気軽にインストラクターにお申し付けください!
担当インストラクターが快適なダイビングのアドバイスをしっかりとしてくれるはずです✊

世界中にあるダイビングポイント。
色んな水中世界でダイビングを楽しんでいきましょう🌎

石垣島でみたイシガキカエルウオ
(↑写真は重野お気に入りのイシガキカエルウオ🐸)

本日も最後までお読みいただきありがとうございました✨
お申し込み
最短4日でライセンス取得

29,800

7