こんにちは!
4月頃からハマっているワンピースも空島から、魚人島編まで進みました。でもまだまだ終わらない。。
意地でも最新話まで追いつきます😤頑張ります。カワモです😊

WETシーズンに良く聞くご質問。「WETスーツの中の水着はどんなものが良いですか??」
今回は水着の選び方をご紹介いたします😤
アダルト, ダイビング, ダイビング足ひれ, よそ見, 側面図, 女性, 屋外, 日, 水, 水中, 水泳, 肖像画の無料の写真素材

WETスーツの下に水着を着用しないといけない理由

ダイビングを夏場に行う際に着用するスーツは、WETスーツと呼ばれるスーツを必ず着用します😤
そのWETスーツを着用する下に着用するのが、水着です👍
水着を着用する理由としては、主に3つ。

・衛生面

MY WETスーツを持っていない場合、ダイビングサービスでWETスーツをレンタルすることがほとんどです。
レンタルのスーツも使用後綺麗に洗っていますが、自分以外の方も着用することも意識して、配慮として水着は必ず着用しましょう。

・保護

水着を着用していないと、肌とWETスーツの生地が触れ合って、摩擦で擦れて肌が痛んでしまいます(>_<)
あとは、体温を下げないように水着を着用するのは大切です!!!
水中に長時間いると、だんだん寒くなってきます(>_<)
水着をきていないと、直接海水が肌に当るので、体温が奪われて、寒くなっていきます。。


・休憩時

ボートに乗っている際など、次のダイビングとの間の休憩の際に、ずっとWETスーツを着ているのと、締め付けを感じてしまいます(>_<)
基本的に休憩時はWETスーツを脱いで体力回復をします👍
夏場など、ずっとWETスーツを着用していると熱がこもって、熱中症になってします可能性があります😤

オススメの水着選び

女性ダイバーからよく質問を頂きますが、「水着はどのようなものが良いですか?」
オススメの水着は、simple the best.
大きなリボンがついている、などフリフリのものが付いていると、ごわごわして着心地が悪いです💦
また、背中に金属のパーツがあったりすると、背中にタンクを背負う際に金属部分が当たってめっちゃ痛いです(>_<)
なので、背中の紐などは、金属のパーツが付いていないもの、普通の紐のものがオススメです👍

ビキニのような分かれているタイプだけでなく、ワンピースタイプのものでも大丈夫です😊
ただ、トイレに行く際に、大変だったりするので、ビキニのようなセパレートタイプがオススメです!!!

ダイビングに向いている水着は、シンプルな飾りの少ないビキニやセパレートタイプです。


ダイビングに不向きな水着

👆とは逆にダイビングに不向きな水着は。。


・ワンピースタイプ

肌の露出を抑えたい!などワンピースタイプを選んでしまうと、一番苦労するのがトイレです。
ダイビングで実際に乗る船はトイレが付いているものがありますが、そこまで大きくなかったり、海の上で揺れていることがあるので、ワンピースタイプだと脱ぎ着が大変です(>_<)


・背中に大きな結び目があるもの

背中の結び目の部分に大きなリボンが付いているものはオススメできません(>_<)
重いタンクなどを背負うので、背中に負担がかかります。。
リボンの結び目や、金属のパーツが肌に当って、痛くなる原因になります😤
背中に痛みを感じたままダイビングをすると、気が散ってダイビングに集中できません。。。
大きなテンション上がる生き物に出会っても、感動が半減してしまします。


・フリルや大きな装飾が付いているもの

フリルが付いているのもは、可愛いくて、女性に人気があると思いますが、フリフリな飾りの上にWETスーツを着用するとごわごわして、スーツの着心地が悪くなります(>_<)
WETスーツを着用する際に、チャックにフリルが挟まって、ファスナーを噛んでしまったりします。。
あとは、保温性が下がります(>_<)
いかがでしたか❓❓
快適な水着を身に着けて、ダイビング楽しみましょう(^O^)/