待ちに待ったダイビングツアー、思いっきり遊びたい!けどお肌もキレイに守りたい~!
そんな悩める女性ダイバーさんに、今日はダイビングの時のお肌の手入れ・ケアと日焼け対策についてご紹介(=゚ω゚)ノ
ウェットスーツ姿の女性3名がボートの上で笑っている
最近はお肌をいたわる男性ダイバーさんも増えてますので是非ご覧ください٩( ''ω'' )و


こんにちは、足の甲のサンダル焼けは勲章、黒光りダイバー大庭です。
黒光りしてる時点で説得力に欠けるかもしれませんが、私も30代になり、ようやくダイビングに行った時のお肌の手入れを気にするようになりました。


思い返せば20代の頃は「どーせ日焼けする遊びやし!気にしたら楽しめん!シミが出来たらシミ以上に日焼けしたんねん」という、自分の肌に対してオラオラ系でした。25歳くらいまでは、日焼け止めを買うことすらしてなかったです。今までごめんねマイスキン。

人生の先輩方の「早めにケアしときよ」のお言葉、マジでその通り。




◎ダイビング前の日焼け対策

・NGな塗り方

・海にやさしい日焼け止め

・サングラスで目から紫外線をシャットアウト!



◎ダイビング中のお肌手入れ

・合間に保湿を!



◎陸上での日焼け対策

・着用アイテムの紹介



◎ダイビング後のお肌ケア

・顔パック絶対



◎結局何を準備したらいいのか





以上5項目でお送りします。


◎ダイビング前の日焼け対策



〇日焼け止め




家を出る前から始まってます。
日焼け止め
女性ダイバーさんは大体ご用意されてますね☆


日焼け止めは、自分のお肌に合うものを使用しましょう。
超絶敏感肌の私は今のとこキュレルです。
アネッサとか、超強力って聞きますね。


脱毛に通ってると「飲む日焼け止め」なんてのも売られてます。
少々高額ですが、トニカク日焼けしたくない!という方は、お肌に塗り、体内からも日焼け止めましょう。


~NGな日焼け止め・塗り方~


 
・古い日焼け止めを使用
こちらも巷では有名な話かもですが、日焼け止め、実は使用期限があるんです。
去年使い切れずにメッチャ残ってるから、使っちゃえ~♪は、やめとけーい♪
開封から大体3か月を目安に、使い切るようにしましょう!そのためにはこまめな塗り直しもしましょうね(=゚ω゚)ノ


・塗る前にはお肌の保湿を!
お肌の水分がカッサカサな状態からのダイレクト日焼け止めは、水分不足で、過剰な皮脂が大放出→日焼け止めがソッコー崩れる
この連鎖が発生します!せめて!家を出る前の日焼け止めは、化粧水と乳液で肌に潤いを与えてから塗りましょー!


~日焼け止めの選び方~

肌に塗ってるものは、ダイレクトに海に垂れ流しです。海洋生物にとって、やさしいものを使用するのが一番よいですね。


海外なんかでは、サンゴに良くないから日焼け止めアカン!っていう場所もあります。塗ったらマジで怒られます。
サンゴが広がる海でダイバーが泳いでいる
けど塗りたい日焼け止め。


紫外線吸収剤不使用で、蜜蝋やサンフラワーシード油などの成分で作られたものが〇
サンゴに優しい日焼け止め、と検索すると沢山出てきますが、塗ったら呪怨のトシオばりに白くなりますので、しっかり、しっかり伸ばしましょう。
ウェットスーツ姿で民族模様のように日焼け止めを塗った女性
どっかの民族ゴッコもできます。


・日焼け止めNG成分
青い海とサンゴと熱帯魚
オキシベンゾン・オクチノキサート(メトキシケイヒ酸オクチル)・オクトクリレン
エンザカメン・トリクロサン・メチルパラベン・エチルパラベン・ブチルパラベン
ベンジルパラベン・フェノキシエタノール


呪文みたいですが、これらの成分が入っている日焼け止めは、サンゴが泣きます・・


〇サングラス


サングラス


なんと、目からも紫外線は入ってきます!
すっぴん隠しにもなるアイテム、サングラス。


家を出た瞬間から、VS紫外線。電車や車の中でも、つけてていいんじゃないでしょうか!
断崖絶壁の絶景ポイントで万歳する女性


◎ダイビング中のお手入れ・追い日焼け止め

 

〇2~3時間ごとに塗りなおし


「日焼け止めはこまめに塗り直すべし」これは割と多く知られてる事実ではなかろうか。
出し入れしやすい手荷物やポーチに、日焼け止めは忍ばせておきましょう!


〇ダイビングの合間の潤い


机の上に並んだ化粧水
コレ!!!意外と盲点では?
ダイビングを1本潜り終わった後は、小休憩をはさみます。
15分もあれば、1時間近いお昼休憩をとったりすることもあります。
その間、休憩場所にもよりますが紫外線は浴び続け、日焼け止めは半落ち、お肌は野ざらし。


本気の化粧水ではなく、手軽なヤツ。旅行用の小さいボトルタイプの物や、大庭はめんどくさがりなので片手でプシュっと出来るミストタイプが好きです。
顔に化粧水を吹き付ける女性
アベンヌウォーターなんかも、手軽でいいですね★


日陰に荷物を置ける環境が休憩場所であれば、日焼け止めと共に身近なポーチに入れておくといいですね!
カバンとその中身。サングラスと日焼け止めと化粧水


◎陸上での日焼け対策

 

〇ラッシュガード


水着やラッシュガード、ウェットスーツを着た男女5人


水着の上から着用、ウェットスーツの下に着用する、水着素材の服です!
UVカット機能のあるもので、フードがついてない、タイトめサイズのものがおススメ★


海を背景にラッシュガード姿の女性
フード付きであったり、ブカブカすぎると、ウェットスーツのファスナーを閉める際にラッシュの生地がひっかかってしまいますので
フード付きのものを着用する際は、スーツを着る直前に脱いだほうがいいですね。


〇帽子


麦わら帽子をかぶって笑顔の女性


船の上や移動中、特に気温の高い日は日よけだけでなく、熱中症対策にもなります!


〇ここでもサングラス


船上でサングラスを付けてポーズ
リゾートツアーになると、船の上でもサングラスを着用したりするので、ファッショナブルなブランドサングラスよりかは、ズタボロ上等なサングラスがあるといいですね★


よって陸上は
・帽子
・ラッシュガード
・サングラス
の3点セットがおすすめ!


◎ダイビング後のお肌ケア

 

〇絶対パック


シーサーの顔パックを付けた6人
絶っっ対です。
お家に帰ってから、もしくはお宿に帰ってから。
お風呂後、必ずしましょう!!なんでもいいです!たぶん高ければ高いほどいいんでしょうけど!


日焼けしたら100%お肌は乾燥まっしぐら全力疾走DEATH!!
パックするまで寝ちゃダメです。
あとはパッケージに書かれてるパック時間は、当たり前ですが守って使用しましょう。


パックは複数枚入ってるので、ツアーで仲良くなったお客さん同士でシェアして親睦を深めるのもいいでしょう。
その際は、皆で一緒に撮って親密度UP☆
ダイビング後に顔パックしている女性2人
ダイビング後に部屋で顔パックしている
女子同士、よくやるよね~~(´ω`*)


〇ビタミン摂取



これは・・たぶん摂取した方がいいんだろうな?と思いつつなヤツですが。
紫外線→乾燥→シワ・シミ発生→オーマイガッ
この連鎖が始まりますので、日焼け後はシミとシワ予防にはビタミンが効果的だと、なんかの記事で見ました。


ビタミンA・C・Eが特に摂取したらいいのですが、ここはもうサプリメントに頼るのが一番楽でいいんじゃないでしょうか。


泊りのツアーの場合は、小分けの袋に入れて持って行っておきましょ!


◎結局何を準備したらいいのか



・サンゴに優しい日焼け止め
・コンパクトな化粧水
・サングラス
・帽子
・ラッシュガード
・顔パック
・ビタミン摂取できるなにか


準備しておくといいですね!


たーだ!!あまりにも過剰に気にしすぎると、せっかくのダイビングも500%で楽しみにくくなっちゃいます。
シミは全力で遊んだ勲章!あとでまとめて、韓国で全部シミ取ったらぁ!
くらいの気持ちでいるのも、今を全力で楽しめて、いいかもね(=゚ω゚)ノ
青い海を背に、両手にヤシの実をもった女の子が笑っている
美容も遊びも全力ダイバーさんへ★
最後までお読みいただき、ありがとうございます!


~こちらもおすすめ~
・ダイビングの時の髪型とヘアケア
・生理中のダイビングについて